フェナントロリン

栄養・生化学辞典の解説

フェナントロリン

 C12H8N2 (mw180.21).

 第一鉄イオンと反応して赤色の色素を生じ,この反応を利用して鉄の定量を行う.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フェナントロリン

フェナントレンの2個の炭素原子を窒素原子で置換した化合物。3種類の異性体がある。o‐フェナントロリンは白色の結晶で,融点117℃,沸点300℃以上。エタノールに可溶。金属イオンと安定なキレート化合物を作り,特に第一鉄イオン(Fe2(+/))により赤色を呈する。金属の定量,酸化還元指示薬に使用。(図)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェナントロリン【phenanthroline】

正式名は1,10‐オルトフェナントロリン。ニトロベンゼンと硫酸の共存下,oフェニレンジアミングリセリンの縮合で得られる。融点114~117℃。真空中で昇華すると単斜晶系の結晶となり,分子どうしは層状構造をとる。水から再結晶すると1分子の水を含み,融点93~94℃の白色結晶を与える。300倍の水,70倍のベンゼンに可溶で,アルコール,アセトンにはさらに容易に溶ける。多くの遷移金属イオンと美しい色の錯塩をつくり,とくに銅(I),鉄(II)の比色定量試薬として使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android