コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェランティ Sebastian Ziani de Ferranti

世界大百科事典 第2版の解説

フェランティ【Sebastian Ziani de Ferranti】

1864‐1930
イギリスの電気技術者,発明家。変圧器および交流送配電の実用化に重要な役割を果たした。イタリア系の写真家の子としてリバプールに生まれた。17歳でジーメンス・ブラザース社に入り,ロンドンのユニバーシティ・カレッジの夜間の講義をきいた。おもに独学で科学知識を得た。1882年にジグザグ巻きの交流発電機を考案し,この発電機を製造するための会社をつくった。83年以来ロンドンのグラスベナー・ギャラリーに照明のための配電システムが建設され,そこでは,ゴラールL.Gaulardらの考案した開磁路変圧器を直列接続して使う交流システムが採用されたが,事故続きであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェランティ
ふぇらんてぃ
Sevastian Ziani de Feranti
(1864―1930)

イギリスの電気工学者。早くから工学に関心をもち、17歳で最初の発電機をつくったといわれる。1880年代に交流機器の理論的設計に着手した人物であり、直流配電に反対し、交流方式による高圧遠距離送電を唱えた。1886年グロスベナ発電所に技術主任として入所、ついでロンドン配電会社(現、EDFエネルギー社)の大発電所建設に参画、自ら設計、指導し、変圧器の並列接続の採用、ケーブルの改良などを行って1889年に送電を開始した。これが彼の最大の業績である。変圧器、ケーブルなどで170余の特許を得ている。[木本忠昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェランティの関連キーワードウィリアム・ゴードン ウェルチマンユニバーシティ・カレッジ4月6日

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android