コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルウェー Albert Verwey

2件 の用語解説(フェルウェーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フェルウェー【Albert Verwey】

1865‐1937
オランダの詩人,文学者。家具職人の子としてアムステルダムに生まれ,早くから詩才を現し,高等学校在学中からクロースらと交わる。1885年,いわゆる80年代派同人雑誌《新道標》の創刊に参加。同年,処女詩集《ペルセフォネその他の詩》を出す。やがてスピノザ汎神論にもとづくユニークな哲学的詩境をひらいた。1905年,雑誌《運動》を創刊して多くの後進を育成し,晩年,ライデン大学オランダ文学を講じた。詩集に《現世》(1896),《新しき園》(1898),《石棺の彫像》(1930)ほか多数があり,また《新オランダ詩法入門》(1905),《フォンデルの詩と独創的散文》(1937)などの著作がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルウェー
ふぇるうぇー
Albert Verwey
(1865―1937)

オランダの詩人、文学者。独学の英才で、文学雑誌『新しい道標』(1885)、『運動』(1905)の編集に携わる。1924年国立ライデン大学オランダ文学教授となる。詩作をその人生のもっとも重要な課題とし、詩の中枢にあるものはプラトン的理想、つまり精神が個人と社会、夢と現実などを結合するものであるとする。詩風は抽象的性格でありながら、オランダの自然が造形的でリズミカルな役割を果たしている。神話詩集『下界の女王』(1883)、理想的美への憧憬(しょうけい)をうたったソネット詩『友情という名の愛』などがある。『全詩集』3巻(1911~12)には詩・詩的戯曲を収める。死後詩集2巻が出る。文学者としては伝統を尊重、『フォンドル論』(1892)、『新オランダ詩作芸術入門』(1905)、『ファン・エーデン論』(1939)など、幾多の文学論を出版。[近藤紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフェルウェーの言及

【オランダ文学】より

…一方,ベーツは写実的ユーモア小説の傑作《カメラ・オブスキュラ》(1839)を書き,またムルタトゥーリは自国の植民政策の非人道性を告発した小説《マックス・ハーフェラール》(1860)を発表し,その熱情的理想主義と斬新なスタイルは近代オランダ文学に絶大な影響を与えた。19世紀後半におけるオランダ社会の急速な近代化と自由主義の伸展に呼応して,文壇に新風を吹きこんだのが〈80年代派Tachtigers〉と呼ばれるクロースフェルウェーエーデンホルテルらを中心とする若い詩人たちである。彼らは《新道標Nieuwe Gids》誌に結集し,美それ自体を目的とする芸術至上主義を掲げて先輩たちの道徳的教訓的通俗性を激しく攻撃した。…

※「フェルウェー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フェルウェーの関連キーワード中国映画日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一伊藤惣兵衛ウィンチェスター

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone