コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フエダイ Lutjanus stellatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フエダイ
Lutjanus stellatus

スズキ目フエダイ科の海水魚。全長 55cm。体は楕円形で側扁し,背部が丸い。吻はややとがる。上顎に 4本の犬歯がある。体は黄橙褐色で,腹方は淡い。両眼の間に鱗がない。本州中部から南シナ海にかけて分布する。食用魚。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フエダイ
ふえだい / 笛鯛
[学]Lutjanus stellatus

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。茨城県以南の南日本とくに太平洋岸に多く、琉球(りゅうきゅう)諸島まで分布する。体形はタイ形に似て体が高く、よく側扁(そくへん)する。口は大きく、やや突出する。両顎(りょうがく)前部に犬歯が1対ずつあり、側部には一列の円錐歯(えんすいし)が並ぶ。体の側線上方の縦列鱗(じゅうれつりん)は後方で斜上後方に向かうが、下方の鱗(うろこ)は水平に並ぶ。全長約45センチメートル。体は赤色を帯びた黄褐色で、腹部は淡褐色。生時には背びれ第1軟条下の側線上方に1個の乳白色点のあるのがこの種の大きな特徴。沿岸岩礁性の肉食魚。一本釣り、定置網、追込み網、三重刺網などで漁獲される。淡紅白色の肉で、刺身、塩焼き、煮つけなどにして美味である。
 フエダイ科魚類には、ミクロネシアなど南洋で、アレルギーや中毒症状を呈するシガテラとよばれる中毒のあることが知られる。とくに黒点のある種に多い。この科の日本本土に産する有用種にはクロホシフエダイ、ヨコスジフエダイ、オキフエダイ、ヨスジフエダイ、バラフエダイなどがある。フエダイは1983年(昭和58)に新種として報告された。[赤崎正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フエダイの関連キーワードヨコスジフエダイフエダイ(笛鯛)ヒメダイ(姫鯛)ヨスジフエダイヒシヤマトビーシルシチューシチューマチヒメフエダイサンバナーミミジャーシガテラタカサゴ薔薇笛鯛アカナー黒星笛鯛アカマチ四条笛鯛ハマダイ横条笛鯛ヒメダイ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android