フォイエルバッハ(英語表記)Ludwig Andreas Feuerbach

デジタル大辞泉の解説

フォイエルバッハ(Ludwig Andreas Feuerbach)

[1804~1872]ドイツの哲学者。ヘーゲル学派の左派の一人。ヘーゲル批判から唯物論の立場に立ち、自らの哲学を「人間学」と呼んだ。宗教批判の書「キリスト教の本質」は、青年期のマルクスエンゲルスらに大きな影響を与えた。著「将来の哲学の根本命題」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フォイエルバッハ【Feuerbach】

〔Ludwig Andreas F.〕 (1804~1872) ドイツの唯物論哲学者。ヘーゲル左派に属する。ヘーゲル哲学の神学的性格を批判し、個別的な自然物としての人間学を樹立した。また、神の幻想からの解放を説き、マルクス・エンゲルスに大きな影響を与えた。著「キリスト教の本質」「神統記」など。
〔Paul Johann Anselm von F.〕 (1775~1833) ドイツの法学者。の父。罪刑法定主義・心理的強制説を説き、近代的刑法理論を確立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

フォイエルバッハ

生年月日:1775年11月14日
ドイツの刑法学者
1833年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

フォイエルバッハ

[一] (Anselm Feuerbach アンゼルム━) ドイツの画家。(二)の甥。イタリア絵画の影響をうけ、古典文学に題材をとった作品を多く描き、肖像画にも秀作を残した。代表作「イフィゲネイア」。(一八二九‐八〇
[二] (Ludwig Andreas Feuerbach ルートビヒ=アンドレアス━) ドイツの唯物論哲学者。ヘーゲル左派の代表者。ヘーゲル批判を通して自然主義的人間学に到達。そのキリスト教批判はマルクス、エンゲルスに影響を与えた。著書「キリスト教の本質」など。(一八〇四‐七二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android