コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォイエルバッハ フォイエルバッハLudwig Andreas Feuerbach

2件 の用語解説(フォイエルバッハの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フォイエルバッハ(Ludwig Andreas Feuerbach)

[1804~1872]ドイツの哲学者。ヘーゲル学派の左派の一人。ヘーゲル批判から唯物論の立場に立ち、自らの哲学を「人間学」と呼んだ。宗教批判の書「キリスト教の本質」は、青年期のマルクス・エンゲルスらに大きな影響を与えた。著「将来の哲学の根本命題」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

フォイエルバッハ【Feuerbach】

〔Ludwig Andreas F.〕 (1804~1872) ドイツの唯物論哲学者。ヘーゲル左派に属する。ヘーゲル哲学の神学的性格を批判し、個別的な自然物としての人間学を樹立した。また、神の幻想からの解放を説き、マルクス・エンゲルスに大きな影響を与えた。著「キリスト教の本質」「神統記」など。
〔Paul Johann Anselm von F.〕 (1775~1833) ドイツの法学者。の父。罪刑法定主義・心理的強制説を説き、近代的刑法理論を確立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

フォイエルバッハの関連キーワード文化岩井半四郎奈破崙天竺徳兵衛プチャーチンギャンジャセルビア蜂起チャオ・アヌドーミエナポレオン戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォイエルバッハの関連情報