コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルケル Forkel, Johann Nikolaus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルケル
Forkel, Johann Nikolaus

[生]1749.2.22. コブルク近郊メーダー
[没]1818.3.20. ゲッティンゲン
ドイツの音楽史家。ゲッティンゲン大学で法律と音楽を学び,1770年同大学の音楽監督をつとめ『音楽文献解題』 Musikalisch-kritische Bibliothek (3巻,1778~79) ,『音楽通史』 Allgemeine Geschichte der Musik (2巻,88,1801) ,『音楽文献』 Allgemeine Literatur der Musik (1792) や最初のバッハの伝記『バッハの生涯,芸術,作品について』 Über J. S. Bachs Leben,Kunst und Kunstwerke (1802) などの著作を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルケル
ふぉるける
Johann Nikolaus Forkel
(1749―1818)

ドイツの音楽史学者。教会の合唱隊員、指揮者、オルガン奏者としての経験とゲッティンゲン大学で法律を学んだ学究的思考を踏まえて、西洋とくにドイツの音楽の歴史を広く把握記述した『一般音楽史』二巻(1788、1801)が名高い。イギリスのホーキンス、バーニーの業績と並んで、通史を試みた最初期の研究者である。とくに彼の場合、人間の精神あるいは文化一般とのかかわりにおいて音楽を論じる試みをした点で現代にも示唆するところが大きい。またJ・S・バッハの伝記を著すほか、自ら宗教声楽曲を作曲した。[山口 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォルケルの関連キーワードバッハ(Johann Sebastian Bach)バッハ:フーガ イ短調/piano soloカルルフェルトイギリス組曲オランダ文学フランス組曲7月21日小西 重直2月22日無関心性フモール感情移入美的範疇ユーモア美的判断リップス美的感情音楽批評特性美山口