フォン・ノイマン(読み)フォンノイマン

百科事典マイペディア「フォン・ノイマン」の解説

フォン・ノイマン

ハンガリー生れの米国数学者。1919年故国を出てドイツ,スイスの大学に学び,1930年渡米してプリンストン大学教授,1933年同高等研究所員となる。集合論数学基礎論の研究から量子力学の数学的基礎づけを行い,連続幾何学,作用素環論を創始。またゲーム理論を創始し,O.モルゲンシュテルンとの共著《ゲームの理論と経済行動》(1944年)によって数理経済学へも応用。コンピューター理論の開拓者の一人で,MANIAC Iの設計を指導,オートマトンや自己増殖する機械の理論を展開した。
→関連項目コンヌコンピューターノイマン型計算機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android