コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォートスミス Fort Smith

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォートスミス
Fort Smith

アメリカ合衆国,アーカンソー州西部の都市。アーカンソー川中流南岸に位置する。地名は 1817年ここに駐屯した守備隊長 T.スミス将軍の名にちなむ。州西部の地区裁判所があり,長期にわたってオクラホマ州のインディアン准州を管轄した。天然ガス田,アーカンソー,オクラホマ炭田の中心に位置し,亜鉛精錬,石油,天然ガス,木材,金属,製紙,ガラス工業などが発展。一方,肥沃なアーカンソー河谷では園芸農業が行われ,牧畜,家禽の飼育,精肉業も盛ん。毎年家畜品評会とロデオが開かれる。人口7万 2798 (1990) 。

フォートスミス
Fort Smith

カナダ,ノースウェスト准州マッケンジー地区の町。アルバータ州との境界,アサバスカ湖からグレートスレーブ湖に流れるスレーブ川の早瀬の下流部に 1870年代にできたハドソン湾会社の交易所が起源。荷物の積替え地として重要であり,現在でもウランの集積地となっている。ウッドバッファロー国立公園の観光基地でもある。人口 2480 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フォートスミスの関連キーワードライアン フランクリンプリースト ホームズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android