フォード・モーター[会社](読み)フォードモーター

百科事典マイペディアの解説

フォード・モーター[会社]【フォードモーター】

米国を本拠地とし,GM,クライスラーとともにビッグスリーといわれた自動車会社。1903年H.フォードが設立し,1908年に自動車でははじめての大量生産方式(フォード・システム)による低価格車T型フォードを発売して大成功,1924年には市場の50%余を制した。しかし低価格をねらい一車種生産にこだわったためその後の自動車市場の多様化に適応できず後退。第2次大戦後は積極策をとり,スポーツセダンやコンパクトカーなどを次々と開発し,車種の幅を広げた。現在,〈フォード〉〈リンカン〉〈マツダ〉〈ジャガー〉〈マーキュリー〉〈ランドローバー〉〈ボルボ〉の7ブランドを擁する。最近では金融サービス事業も積極的に展開。クレジットをはじめ保険,自動車レンタルなどで自動車以上の利益を上げている。英国フォード社,ドイツ・フォード社など,海外子会社も持つ。日本では日産のディーラーを通じて販売網を広げ,また1996年にはマツダを傘下におさめた。1999年,スウェーデンのボルボ社の乗用車部門を買収。本社ミシガン州。2009年,GM,クライスラーが相次いで経営破綻し,20世紀の米国資本主義を牽引してきた自動車産業の最後の砦となった。2011年12月期売上高1362億6400万ドル。
→関連項目オートメーション自動車工業セント・ルイスデトロイト日産自動車[株]ミシガン[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android