コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フキノトウ

食の医学館の解説

フキノトウ

《栄養と働き&調理のポイント》


 春の訪れを告げる山菜として人気があるフキノトウは、フキのつぼみの花茎で、野山や道ばたなど、日あたりのよい場所に自生するキク科の多年草です。わが国最古の野菜の1つで、現在では栽培もされています。
 自生しているものを摘む時期は、雪の少ない地方では、2月ころに若草色のつぼみを摘みます。雪の多い地方では、雪が解けきらないうちに、雪の下で黄色い「ほう」が開き、芽をだしたものを摘みます。
○栄養成分としての働き
 栄養成分としてはビタミン類やカリウム、カルシウムなどのミネラルを含み、食物繊維も比較的豊富に含むので、便秘(べんぴ)に効果的といえます。
 特有の香りとほろにがい味わいは、カリウムとポリフェノール化合物のクロロゲン酸によるものです。
 調理する際は、まず根元の部分を薄く切り落として外側の筋っぽい葉を取り除いてからゆでます。ゆでたものは和えものやつくだ煮、味噌漬けにします。生のままてんぷらにしてもいいでしょう。
 アクが強いときは、重曹(じゅうそう)を加えた湯でゆであげ、1~2時間、水にさらしたままにしておきます。
 フキノトウを具に入れた味噌汁を常食していると、スタミナがつき、たんが切れるとともに整腸・浄血作用が期待できるといわれています。
○漢方的な働き
 フキノトウの薬効としては、古くから、せきを鎮めたり、たんを除く、健胃、浄血、毒消しなどが知られています。

出典|小学館食の医学館について | 情報

フキノトウの関連キーワードふきのとう焼酎 ばっけ焼酎有毒植物による中毒秋田県の要覧秋田[県]秋田の華蕗坊主秋田県蕗祖父薬味蕗玉県花蕗子蕗姑

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フキノトウの関連情報