コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサモ(総藻) フサモMyriophyllum verticillatum; water milfoil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フサモ(総藻)
フサモ
Myriophyllum verticillatum; water milfoil

アリノトウグサ科の水生の多年草で,キツネノオともいう。北半球の温帯全域に広い分布をもち,日本全土の池や沼,たまり水に生える。茎は長く伸びて 50cmに達することもある。葉は4枚が輪生し,水中のものは長さ3~4cmで細く羽状に分裂するが,水上に出る葉は長さ1~2cmの線形をしている。5~7月に,水上葉の葉腋に白色の小さな4弁の花を単生する。雌花と雄花があり,雌花は茎の下部につく。なお,同属の近縁種ホザキノフサモ M. spicatumは全体に小型で穂状の花序を水上に出す。細かく裂けた輪生葉が美しいので,キンギョモと称して金魚鉢に植える。ただキンギョモの名は別科のマツモの別名としても使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android