コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フシ(節) ふし

世界大百科事典 第2版の解説

ふし【フシ(節)】

日本音楽の理論用語。主として声の旋律に対する概念で,楽器に関してはあまり用いない。分野や場合によって,さまざまな意味がある。まず,もっとも広義には詞章に対する旋律,あるいは楽器の声部に対する声の声部をいう。節付けなどというときのフシがこれである。次に,能の(うたい)では,音楽的に作曲されている部分,すなわちヨワ吟ツヨ吟の部分をフシという。この場合は,作曲されていないコトバに対する。また声楽旋律としても,とくに美しく作曲されている旋律をフシということがあり,平曲ではそのような旋律を聴かせることを眼目にした演目を節物という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフシ(節)の言及

【謡】より

…謡のみを稽古する素人の数はきわめて多く,それが能界の経済的基盤となっているほどである。 謡の音楽構造は,旋律様式の上からはコトバとフシ(節)に,リズム様式の上からは拍子不合(ひようしあわず)と拍子合(ひようしあい)に,それぞれ分けられる。コトバというのは,節付けされていない部分,すなわち音楽的に作曲されていない部分であるが,特定の抑揚をつけて謡われる。…

【旋律】より

…音楽を構成する最も基本的な要素の一つで,メロディmelody,(ふし)ともいう。最も広義の旋律とは高低変化を伴う一連の音が横(線的・継時的)に連なったものを指し,複数の音を縦(同時的)に結合した和音,および和音の進行からなる和声と対照的な現象といえる。しかし,リズムを欠いた音の連続は抽象的な音列ないし音高線にすぎず,音楽としての旋律は音の高低とリズムの結合によってはじめて成立する。また,一般に旋律とは音楽的にあるまとまりを示す音の連なりを指し,断片的なパッセージや自立性の乏しい副次声部は旋律と呼ばないのが普通である。…

【能】より

…これらの上着だけを大口の上に掛けて着ることもある。能装束
【謡】
 能では,曲節を伴うフシの部分と,せりふに相当するコトバの部分を合わせて謡と称する。謡の楽型は,吟型とノリ型の二つの面から見ることができる。…

※「フシ(節)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android