コトバ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトバ

日本音楽の用語。「詞」とも書く。楽式上の構成要素の単位名称の一つ。種目によって用いられ方が異なるが,原則として対話または独白の部分であることを明示する意図で区分される部分をいう。 (1) 能の場合,対話,独白などの部分を謡曲の旋律によらず,特定の抑揚の型によってとなえる形式の部分の名称。韻文的な地の文をコトバの形式でとなえることもある。 (2) 三味線音楽の場合,明確な歌声による旋律的な歌唱部に対して,話し声に近い写実性をもって表現され,その音楽種目特有の形式化した抑揚はあっても,いわゆる旋律性には乏しい部分の名称。特に義太夫節においては,歌唱部の「節」および義太夫浄瑠璃特有の語りによる朗誦部の「地」と対立して区分され,写実的脚度が強い。「地」と「詞」の中間的なものとして,「色」という場合によってはやや旋律性の認められる単位もある。豊後系浄瑠璃においては,その写実性は徹底しておらず,長唄などの「うたもの」においても「詞」が含まれるが,その場合長唄としての特有な歌声によらず,いわゆる「音 (おん) 」を使わないことを原則とする。ただし,地の文の朗誦が詞に近く表現されるときには「詞語り」となり,これに対してまったく歌声によって対話部,独白部が歌唱されるときは「歌語り」ということもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コトバの関連情報