コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ素樹脂 フッそじゅしfluoro-resin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ素樹脂
フッそじゅし
fluoro-resin

フッ素を含む熱可塑性樹脂をさす。代表的なものとして,ポリテトラフルオロエチレン,ポリクロロトリフルオロエチレン,および,それらとパーフルオロアルキルビニルエーテル,ヘキサフルオロプロピレン,エチレンなどとの共重合体,ポリビニリデンフルオライド,ポリビニルフルオライドがあげられる。高融点,耐久性,撥水性,不燃性,耐溶剤性などが共通の特性である。それらの特性は,樹脂を構成する高分子鎖の構造,特に,樹脂中のフッ素含有率に依存し,一般に,フッ素含有率が減少するほど,耐熱性や耐腐食性は低下するが,加工性は向上する。フッ素樹脂は,パッキング,チューブ,シート,電線被覆,電子機器部品,ライニングなどに用いられる。 (→テフロン )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

フッ素樹脂

 フッ素を含んだ,アルケン類を重合させて作る熱可塑性樹脂.テフロン(商標名)などがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッ素樹脂
ふっそじゅし
fluorocarbon fiber

フッ化炭化水素の重合物の総称であり、熱可塑性樹脂に属する。「テフロン」Teflonという商品名でアメリカのデュポン社から市販されているものが多い。その需要の90%がポリテトラフルオロエチレンであり、そのほかにポリクロロトリフルオロエチレン、フッ化エチレン‐プロピレン共重合体、ポリフッ化ビニリデンなどがある。[垣内 弘]

製造法

代表的な単量体テトラフルオロエチレン(TFE)はのようにして合成される。中間体のジフルオロクロロメタンは商品名をフレオン22(Fleon-22)といい、冷媒として多量に使用されている。
 TFEの重合はいろいろあるが銀内張りしたオートクレーブ中で酸素を触媒とした高圧重合法や、過酸化ベンゾイルを触媒にした懸濁重合法がある。
 CF2=CF2→-CF2-CF2-CF2-CF2- (PTFE)
 PTFEはポリエチレンの水素が完全にフッ素に置換したもので、しかも対称的な構造をもっている。炭素と水素の結合よりもこの炭素とフッ素の化学結合の結合解離エネルギーが大きいので、耐熱性、耐化学薬品性、耐候性が優れている。また、表面張力も小さいので電気的特性(とくに誘電特性)が抜群である。耐熱性、耐薬品性のあまりにも優れているために成形加工が困難となるし、また室温付近での機械的性質があまりよくないので、それらの点を改良するために変性したものが先に述べたPTFE以外のフッ素樹脂で、たとえばPCTFEは256~282度Cの融点をもつので溶融加工が可能となる。さらに溶融加工ができ、しかも熱安定性と高温度における機械的性質の優れたテフロンPFAが開発された。融点は302~310度CでPTFEのそれに近い。PCTFEはケルF(Kel‐F)とよばれ、零下80度Cから200度Cの温度範囲で使用可能である。PTFEは零下100度Cから250度Cまでの可使温度範囲をもっている。
 フッ素樹脂の用途は、一般のプラスチックでは使用できない高温とか低温用または化学薬品を使用する部分など、またテープとして電気絶縁テープは高温―低温サイクルの激しいモーター用などに用いられる。やや高価なことが欠点である。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フッ素樹脂の関連キーワードプラスチック光ファイバーフッ素樹脂(弗素樹脂)フルオロカーボン淀川ヒューテックプラスチック軸受フッ化アルキルフッ化水素中毒日本ピラー工業中興化成工業ゴアテックス電気餅つき機フッ素化合物クロロホルムダイキン工業フッ素繊維荒井製作所フッ化水素フライパンフッ素加工エアドーム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フッ素樹脂の関連情報