コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フネドアラ Hunedoara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フネドアラ
Hunedoara

ルーマニア中西部,フネドアラ県の都市。ポイアナルースカ山地の東麓にある工業都市で,中世から通商路上の要地,軍事上の拠点として発展。現在は付近で採掘される鉄鉱石炭を原料とした製鉄業の大中心地で,火力発電所,化学,建設資材,食品などの工場も立地する。第2次世界大戦後,郊外に大団地が建設された。中世の城跡がある。人口8万 1198 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フネドアラ【Hunedoara】

ルーマニア,トランシルバニア台地の南西部,西カルパチ山脈のポイアナ・ルスカ山麓に位置する都市。人口8万4100(1980)。ローマ時代から要塞が造られたが,13世紀以後,交易都市として発展した。周辺には鉄鉱が豊富で,19世紀末に溶鉱炉が造られ,重要な製鉄都市になった。現在,鉄鋼コンビナートがあるほか,石炭化学,建築資材,木材加工などの工業が発達している。【佐々田 誠之助】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フネドアラ
ふねどあら
Hunedoara

ルーマニア西部、フネドアラ県の工業都市。トランシルバニア南西部、西カルパティア山脈の南麓(なんろく)にある。人口7万1380(2002)。ローマ時代に要塞(ようさい)がつくられた。交通の要地で、13世紀以後、交易都市として栄えた。周辺には鉄鉱石や石炭が豊富で、19世紀末、溶鉱炉がつくられ、製鉄都市になった。鉄鋼業や石炭化学、建築資材、木材加工などの工業が発達している。14世紀末のフネドアラ城、15世紀の教会が残る。[佐々田誠之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フネドアラの関連キーワードオラシュチエ山脈のダキア人の要塞群南カルパート山脈I. ベルデツレシツァデバ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android