コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランク永井 フランク ながい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

フランク永井 フランク-ながい

1932-2008 昭和時代後期の歌手。
昭和7年3月18日生まれ。米軍のクラブ歌手をへて昭和30年日本ビクター専属となり,32年「有楽町で逢いましょう」がヒット以後夜霧に消えたチャコ」,「君恋し」(36年レコード大賞)など低音の魅力でヒットを連発した。60年自殺をはかり,療養生活をおくっていた。平成20年10月27日死去。76歳。宮城県出身。本名は永井清人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フランク永井【フランクながい】

歌手。宮城県出身。本名永井清人(きよと)。1952年に上京し,埼玉県朝霞(あさか)のアメリカ軍キャンプでジャズを歌い始めた。1955年にアメリカのポピュラーソングである《恋人よ我に帰れ》で歌手デビュー。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

フランク永井
フランクナガイ


職業
歌手

本名
永井 清人(ナガイ キヨト)

生年月日
昭和7年 3月18日

出生地
宮城県 志田郡松山町(大崎市)

学歴
松山町国民学校高等科〔昭和21年〕卒

経歴
上京して米軍キャンプで皿洗いやトレーラーの運転手などをし、朝霞の米軍キャンプのクラブ歌手となる。気さくな人柄で、いつも笑顔を絶やさなかったことから、米兵たちに“フランク”の愛称で呼ばれた。昭和29年テレビののど自慢大会出場がきっかけで日本ビクターと契約し、30年「恋人よ我に帰れ」でジャズ歌手としてレコードデビュー。日本語の発音に難があったことから会社より作曲家の吉田正に指導を受けるように命じられ、31年4曲目の「場末のペット吹き」(吉田作曲)から歌謡曲に転向。32年吉田作曲・佐伯孝夫作詞による、百貨店そごうの東京出店のイメージソングとして作られた「有楽町で逢いましょう」が大ヒット、一躍スターの座についた。34年同じく佐伯・吉田コンビの「東京ナイト・クラブ」を吉田門下の松尾和子とのデュエットでヒットさせ、36年昭和初期の流行歌「君恋し」をジャズアレンジで歌い第3回日本レコード大賞を受賞。高度成長期を背景に、モダンなメロディーやアレンジで夜の繁華街といった都会の情景を描いた歌謡曲、いわゆる“ムード歌謡”を代表する歌手であり、哀愁を帯びた甘い歌声は“低音の魅力”と呼ばれた。他の代表曲に「東京午前三時」「夜霧の第二国道」「羽田発7時50分」「街角のギター」「西銀座駅前」「こいさんのラブ・コール」「俺は淋しいんだ」「夜霧に消えたチャコ」「霧子のタンゴ」「大阪ぐらし」「大阪ろまん」などがあり、NHK「紅白歌合戦」には32年から26回連続で出場。46年には歌謡曲歌手として初めて芸術選奨文部大臣賞を受賞した。52年「大阪ろまん」のB面だった「おまえに」がヒットし、57年にはシンガー・ソングライターの山下達郎が作詞・作曲を手がけた「WOMAN」も話題を呼んだ。歌手生活30年を迎えた60年には記念曲として「六本木ワルツ」を録音したが、同年私生活上のトラブルから自宅で首吊り自殺を図り、発見が早かったため一命はとりとめたものの脳障害がのこり、事実上歌手生命を断たれた。以後は長く介護が必要な状態が続き、平成20年歌手復帰を果たせないまま、76歳で世を去った。

受賞
芸術選奨文部大臣賞〔昭和45年〕 日本レコード大賞歌唱賞(第1回・5回)〔昭和34年・38年〕「夜霧に消えたチャコ」「逢いたくて」,日本レコード大賞(第3回)〔昭和36年〕「君恋し」,芸術祭賞奨励賞(大衆芸能部門 第20回)〔昭和40年〕,芸術祭賞優秀賞(大衆芸能部門2部 第25回)〔昭和45年〕,日本レコード大賞大賞制定15周年記念賞(第15回)〔昭和48年〕,日本レコード大賞特別賞(第17回・19回)〔昭和50年・52年〕,日本演歌大賞(演歌功労賞)〔昭和59年〕,日本レコード大賞特別功労賞(第50回)〔平成20年〕,大崎市特別功績者〔平成21年〕

没年月日
平成20年 10月27日 (2008年)

伝記
戦後の巨星 二十四の物語昭和のすたるじい流行歌(はやりうた)―佐藤千夜子から美空ひばりへ 本田 靖春 著塩沢 実信 著(発行元 講談社第三文明社 ’06’91発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

フランク永井の関連キーワードシックスティーン・トンズ大崎市松山ふるさと歴史館タイヘイ 原児渡久地 政信朝霞[市]時雨 音羽らぶれたあ石浜 恒夫佐野 鋤吉田 正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランク永井の関連情報