フルトベングラー(英語表記)Furtwängler, Adolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルトベングラー
Furtwängler, Adolf

[生]1853.6.30. フライブルク
[没]1907.10.10. アテネ
ドイツのギリシア考古学者。フライブルクとライプチヒの大学で学び,ミュンヘンで H.ブルンに師事して古典芸術を学んだ。約3年間のギリシア,イタリア旅行ののち,1880年ベルリン博物館長,94年ミュンヘン大学考古学教授。 1901年にはエイナ島の発掘を指導し,すぐれた考証と鑑識眼で古代のギリシア彫刻,壺絵,宝石を研究し,年代順のカタログを制作した。主著書『ギリシア彫刻の傑作』 Meisterwerke der griechischen Plastik (1893) 。指揮者 W.フルトベングラーの父。

フルトベングラー
Furtwängler, (Gustav Heinrich Ernst Martin) Wilhelm

[生]1886.1.25. ベルリン
[没]1954.11.30. バーデンバーデン
ドイツの指揮者。ミュンヘンで学び,1905年からチューリヒリューベックなどで指揮者として活動を始め,15年マンハイム歌劇場の指揮者。 20年ベルリンの国立歌劇場,22年ライプチヒのゲバントハウスおよびベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者となる。また世界各地の音楽祭で演奏活動を行うなど国外でも活躍。 30年にナイトの称号を得,34年ローマのサンタ・チェチリア王立アカデミー会員,ドイツ芸術院会員。第2次世界大戦後,ナチスに屈従したとされスイスへ退いたが,無罪となり,ドイツへ戻って 52年ベルリン・フィルの終身指揮者となる。また,ウィーン,ロンドン,ニューヨークなどでも指揮をし,20世紀前半最大の指揮者といわれた。著書,音楽評論『音楽について』 Gespräche über Musik (1948) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

フルトベングラー【Wilhelm Furtwängler】

1886~1954) ドイツの指揮者。ベルリン-フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者。また、ウィーン-フィルハーモニーの指揮者、バイロイト音楽祭音楽監督などを務める。作品の意味を深く掘り下げ、深い感動をよぶ演奏で高く評価された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フルトベングラーの関連情報