フルーレ(英語表記)fleuret; foil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「フルーレ」の解説

フルーレ
fleuret; foil

フェンシングに用いる一種。またそれを用いて行なう競技種目。フェンシング技術の基本をなすもので,最も早く国際大会で採用された。剣はその先端で突くだけのもので,切ることはできない。全長 110cm,剣身 90cm,直径 12cm以下のつばがあり,全重量は最大 500g,鋼鉄製で細い。襟首の線以下,両腕および両足のつけ根までの胴体部分だけに対する突き (トゥシュ) を5本先取したほうが勝ちとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「フルーレ」の解説

フルーレ

〘名〙 (fleuret) フェンシングに用いる剣の一つ。また、それを用いて行なう競技。試合は「突き」のみで有効面は足・手・頭を除く部分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフルーレの言及

【フェンシング】より

…白いユニフォームを着て金網のマスクをかぶり,片手に剣をもった剣士が台(ピスト)の上で1対1で突き,あるいは斬りを争う。使用する剣により,フルーレ,エペ,サーブルの3種に分けられる。
[歴史]
 刀剣を操作する技術をみがくための訓練や模擬試合はきわめて古くから行われていたが,フェンシングの直接の起源は中世の騎士の技芸であり,15世紀ころ発生したといえる。…

※「フルーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android