コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルーレ fleuret; foil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルーレ
fleuret; foil

フェンシングに用いる剣の一種。またそれを用いて行なう競技種目。フェンシング技術の基本をなすもので,最も早く国際大会で採用された。剣はその先端で突くだけのもので,切ることはできない。全長 110cm,剣身 90cm,直径 12cm以下のつばがあり,全重量は最大 500g,鋼鉄製で細い。襟首の線以下,両腕および両足のつけ根までの胴体部分だけに対する突き (トゥシュ) を5本先取したほうが勝ちとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

フルーレ【fleuret】

フェンシング用の剣で、細い柔軟なもの。また、それを用いたフェンシング競技の種目。男女種目で、胴体への突きのみを有効とする。 → エペサーブル

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のフルーレの言及

【フェンシング】より

…白いユニフォームを着て金網のマスクをかぶり,片手に剣をもった剣士が台(ピスト)の上で1対1で突き,あるいは斬りを争う。使用する剣により,フルーレ,エペ,サーブルの3種に分けられる。
[歴史]
 刀剣を操作する技術をみがくための訓練や模擬試合はきわめて古くから行われていたが,フェンシングの直接の起源は中世の騎士の技芸であり,15世紀ころ発生したといえる。…

※「フルーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フルーレの関連キーワードエミール・オットン フリエスベンヤミン クライブリンククシシュトフ ペンデレツキエリザ ディフランチスカバレンティナ ベツァーリ北京オリンピック競技大会ジョバンナ トリリーニオレグ マツェイチュクブリス ギヤールトーマス バッハ池端花奈恵菅原智恵子日岡なつみ平田京美太田雄貴欒 菊傑千田健太西岡詩穂雷 声三宅諒

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フルーレの関連情報