コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレックスタイム制 ふれっくすたいむ

4件 の用語解説(フレックスタイム制の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

フレックスタイム制

変形労働時間制の1つ。一定期間において、所定の労働時間さえ満たしていれば、1日の就業の開始時間と終了時間を自由に設定できる制度。ただし、一般にコアタイム(勤務が義務づけられている時間帯)が設けられている場合が多い。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

フレックスタイム制

サービス化の進展、業務の多様化などに伴い、労働時間も一律では業務形態にそぐわないことも多くなってきた。そのため労働時間もある程度自由に採択できるような要請が生まれた。フレックスタイム制は始業・終業の時刻を労働者自身が決定できる制度である。ただし完全に自由なわけではなく、1日のうちで必ず就業する時間(コアタイム)を定め、その前後にいつ勤務してもいいフレキシブルタイムを設定する。実施には労使協定を締結し、就業規則にその旨を記載しなければならない。

(桑原靖夫 獨協大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集の解説

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、一定期間の中で
働く必要のある時間数だけを事前に決めておいて、
始業時間と終業時間の管理を社員に任せる制度です。

フレックスタイム制を通常の労働時間管理と比較して、
自分のペースで柔軟に労働時間を管理できるという
利点があることから、企業での導入も進んできています。

フレックスタイム制では、主にコアタイムとフレキシブルタイム
呼ばれる時間管理を行っており、コアタイムは社員が揃って働く時間帯、
フレキシブルタイムは各自で管理する時間帯となっています。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、労働基準法第32条の3にもとづく変形労働時間制のひとつ。「清算期間」と呼ばれる一定の単位期間(労使が1ヵ月以内の期間で定める)に働くべき総時間数だけを決めておいて、毎日の始業・終業時刻や終業時間の管理は、各社員の自由裁量に任せる勤務制度です。
(2009/12/25掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレックスタイム制の関連キーワード実労働時間労働時間所定外労働時間変形労働時間制みなし労働時間制/みなし勤務実働時間必要労働時間自律的労働時間制度所定労働時間法令等の周知義務

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フレックスタイム制の関連情報