裁量労働制(読み)さいりょうろうどうせい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが特徴だ。情報処理システムの分析・設計や記事の取材・執筆など11の業種が、裁量労働制を適用される業務とされてきた。2000年4月には労働基準法が改正され、ホワイトカラー職場の一部にも適用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

裁量労働制

仕事の遂行方法や勤務時間などを、労働者の裁量に委ねる制度。能力主義・成果主義をベースにした雇用形態の一つで、生産性の向上を目的にしている。賃金は実際の労働時間とは無関係に、労使が事前に決めた「見なし労働時間」に基づいて支払われる。法定労働時間(1日8時間)を超えても、残業代が支払われることはない。
裁量労働制が導入されたのは、1987年のこと。労働基準法の改正により、厚生労働省が認可する11の専門職に初めて適用された。労使協定の締結が条件で、「専門業務型裁量労働制」と呼ばれる。現在、システムエンジニア、記者、デザイナー、証券アナリスト、弁護士など、19業務に適用されている。さらに98年の法改正で、企業経営に関わる企画・立案・調査・分析などを担う労働者も対象となった。労使の代表からなる労使委員会の決議が条件で、「企画業務型裁量労働制」と呼ばれる。いずれも企業には、労働者の健康・福祉の確保に関する措置、労働者の苦情処理に関する措置を講ずることが義務付けられている。
より一層の規制緩和を図りたい安倍政権は2018年1月、通常国会に範囲拡大の条項を盛り込んだ働き方改革関連法案を提出した。前年17年3月に策定した「働き方改革実行計画」の一環で、経済界からの強い要請が背景にある。これに対して野党や労組は、過重労働を助長する「定額働かせ」法案として猛反発した。安倍首相は「裁量労働制で働く人の方が労働時間が短いというデータもある」と答弁したが、その論拠としていた厚労省「2013年度労働時間等総合実態調査」のデータに400を超える不備があったことが判明。その後、安倍首相は「不適切だった」と陳謝すると共に、関連法案から裁量労働制の適用拡大を除外することを表明した(2018年3月末時点)。

(大迫秀樹 フリー編集者/2018年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

裁量労働制

実際に働いた時間でなく、あらかじめ決められた労働時間に基づいて残業代込みの賃金を払う制度。それ以上働いても追加の残業代は出ない。仕事の進め方や時間配分をある程度自分で決められる働き手に限って適用できる。研究開発職など専門的な職種の労働者が対象の「専門業務型」と、経営の中枢で企画、立案、調査、分析などの仕事に就く労働者が対象の「企画業務型」がある。「専門業務型」は厚生労働省が対象の19業務を定めている。

(2018-09-27 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいりょう‐ろうどうせい〔サイリヤウラウドウセイ〕【裁量労働制】

業務の性質上、業務遂行の手段や時間配分の決定を労働者の裁量に委ねる必要があり、使用者が具体的な指示をしない労働形態当人との間で結んだ労働協約に基づき、実働時間にかかわらず一定時間労働したものとみなして賃金が支払われる。特に時間で管理しにくいシステムエンジニア・デザイナー・編集業務・公認会計士・弁護士、新技術の研究開発業務などが対象。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

裁量労働制【さいりょうろうどうせい】

出社時刻や勤務時間を社員が自主的に決めることのできる制度。社員の働き方を時間ではなく成果で評価する制度である。研究開発,情報処理システムの分析・設計,記事の取材・編集,デザイナー,プロデューサー・ディレクターが1988年に労働基準法によって適用対象業務に指定され,1997年4月からコピーライター,公認会計士,弁護士,一級建築士,不動産鑑定士,弁理士が追加された。1998年9月の労働基準法改正により2000年4月から一般企業のホワイトカラーにも一定の条件で認められた。なお,コア・タイム(必ず出社する時間帯)を決めて勤務時間を自主的に決定させる制度はフレックス・タイム制と呼ばれ,日本企業の間でも導入が浸透しつつある。2003年6月の労働基準法改正では,企画業務型の導入手続きの緩和などが図られた。
→関連項目労働基準法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

人事労務用語辞典の解説

裁量労働制

「一日の労働時間は9時間」などと定め、実際の労働時間に関わらず、9時間働いたとみなす「みなし労働時間制」という制度があります。多くの企業がこの制度を採用していますが、そのなかでも、労使協定を締結し、企業が業務の遂行方法や時間配分を労働者の裁量に委ねる制度を「裁量労働制」と言います。対象になる業務は限られていて、専門業務型と企画業務型に大別されます。
(2007/5/21掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

裁量労働制

あらかじめ労使協定で定めた労働時間については、実際に働いたかどうかにかかわらず、労働したものとみなす制度。実質的に、勤務時間を社員の裁量に一任することになる。 仕事の段取りや時間配分を、あらかじめ決めることが困難な業務に適用され、研究開発やマスコミ、編集などの専門分野のほか、徐々に対象範囲が広がりつつある。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

さいりょうろうどうせい【裁量労働制】

労働時間や仕事の進め方が労働者個人の裁量に委ねられている労働制度。労使協定によりあらかじめ一定の時間勤務したものとみなして賃金が支払われる。みなし労働時間制の一。フリー-タイム制。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裁量労働制
さいりょうろうどうせい

その遂行に裁量性のある業務について、実労働時間ではなく成果で報酬を決めるため、一定の時間数だけ労働したものとみなす制度。
 労働時間は、法律上、上限が定められており、それを超えて働いた場合には、割増賃金の支払いが必要になる。そして、どれだけの時間働いたかは、原則として、実際に労働した時間数によって算定される。しかし、労働時間の長短と成果がかならずしも対応しない労働もあり、成果と報酬とを対応させるための制度として、1987年(昭和62)の労働基準法(昭和22年法律第49号)の改正により初めて導入されたのが裁量労働制である(38条の3)。この制度では、業務の性質上、その遂行の方法を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要があるため、業務の遂行の手段や時間配分の決定などに関し、使用者が具体的な指示をすることが困難な業務の場合、所定の時間労働したものとみなすことができる。
 当初、この制度の対象は、研究開発の業務等に限定されていた(この制度は一般に「専門業務型裁量労働制」とよばれる)。しかしその後、1998年(平成10)の労働基準法改正の際、「事業の運営に関する事項についての企画、立案、調査及び分析の業務」も対象に含まれた(38条の4。この制度は一般に「企画業務型裁量労働制」とよばれる)。「専門業務型裁量労働制」の場合、対象業務は厚生労働省令で定められ、職場の労働者の過半数代表と使用者との間の協定により導入できる。他方、「企画業務型裁量労働制」の場合、職場の労働条件に関して調査審議し、使用者に提言するための労使同数の委員からなる委員会(一般に「労使委員会」とよばれる)が一定の法定事項を決議し、それを行政官庁に届け出ることにより導入できる。
 裁量労働制は、仕事の量や完成の時期までを労働者の裁量にゆだねるものではないので、割り当てられた仕事を消化するために過労に陥る危険がある。そこで、使用者には、労働者の健康および福祉を確保するための措置ならびに労働者からの苦情処理に関する措置を講ずることが義務づけられている。[吉田美喜夫]
『社会経済生産性本部社会労働部編『裁量労働制と労働時間管理に関する調査報告』(2003・社会経済生産性本部生産性労働情報センター) ▽厚生労働省労働基準局賃金時間課編『わかりやすい新・裁量労働制 解説とチャート』(2004・労務行政研究所、労務行政発売)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さいりょうろうどう‐せい サイリャウラウドウ‥【裁量労働制】

〘名〙 労働者の裁量に委ねるのが適当と考えられる業務の労働に対し、労使間の必要な手続きによって協定で定めた時間の労働をしたものとみなす制度。みなし労働制度とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裁量労働制の関連情報