フレデリック1世[スウェーデン王](読み)フレデリックいっせい[スウェーデンおう](英語表記)Fredrik I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレデリック1世[スウェーデン王]
フレデリックいっせい[スウェーデンおう]
Fredrik I

[生]1676.4.17. カッセル
[没]1751.3.25. ストックホルム
スウェーデン王 (在位 1720~51) 。ヘッセン=カッセル伯カルルの子。スウェーデン王カルル 12世の妹ウルリーカ・エレオノーラと結婚 (15) 。カルルの戦死後妻エレオノーラを女王位につけることに成功。ただちに実権を奪い王位についた。敗勢の北方戦争終結のため,他の諸国に譲歩妥協して,それらの協力を得,ロシアと戦う方針をとったが失敗。ピョートル1世 (大帝) の武装示威を前にニスタットの和約を結んだ。その後の長い治世は,王の即位条件であった国会 (身分制議会) 優位の新憲法のために王に実権なく,いわゆる「自由の時代」が始った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android