コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレデリック1世[スウェーデン王] フレデリックいっせい[スウェーデンおう]Fredrik I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレデリック1世[スウェーデン王]
フレデリックいっせい[スウェーデンおう]
Fredrik I

[生]1676.4.17. カッセル
[没]1751.3.25. ストックホルム
スウェーデン王 (在位 1720~51) 。ヘッセン=カッセル伯カルルの子。スウェーデン王カルル 12世の妹ウルリーカ・エレオノーラと結婚 (15) 。カルルの戦死後妻エレオノーラを女王位につけることに成功。ただちに実権を奪い王位についた。敗勢の北方戦争終結のため,他の諸国に譲歩妥協して,それらの協力を得,ロシアと戦う方針をとったが失敗。ピョートル1世 (大帝) の武装示威を前にニスタットの和約を結んだ。その後の長い治世は,王の即位条件であった国会 (身分制議会) 優位の新憲法のために王に実権なく,いわゆる「自由の時代」が始った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android