コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロズニー(英語表記)Hrozný, Bedřich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロズニー
Hrozný, Bedřich

[生]1879.5.6. リサーナドラベム
[没]1952.12.18. プラハ
チェコの東洋学者,言語学者。プラハ大学教授。アッシリア学を専門としたが,インド=ヨーロッパ語族の研究にも手を染め,ヒッタイト語楔形文字の解読に成功し,それがインド=ヨーロッパ語族に属することを突止めた。『ヒッタイト人の言語』 Die Sprache der Hethiter (1916) は,その研究結果。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フロズニー【Bedřich Hrozný】

1879‐1952
チェコのアッシリア学者でヒッタイト語の解読者。ウィーン大学,ついでプラハ大学の教授。1914年よりボアズキョイ文書中の未知の言語の解読に取り組み,16‐17年にいたって《ヒッタイト人の言語,その構造と印欧語族への帰属》を著して,ヒッタイト語が印欧語の一方言であることを明らかにし,ヒッタイト学の基礎をおいた。ついで22年には,上記文書中の最重要文献の一つである〈ヒッタイト法典〉200条の最初の対訳書を出し,また25年には,カッパドキア文書の出土地がキュルテペであることを突き止めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

フロズニー

生年月日:1879年5月6日
チェコスロバキアの言語学者
1952年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のフロズニーの言及

【ヒッタイト】より

…そして1906年,ドイツのアッシリア学者H.ウィンクラーは,トルコの首都アンカラの東約150kmにあるボアズキョイに隣接する都市遺跡の発掘に着手,06‐07年,11‐12年の発掘で,1万枚を超す粘土板を発見した。出土した粘土板の多くはヒッタイト語であったが,その解読は16‐17年にかけ,チェコのB.フロズニーによって行われた。フロズニーの解読でヒッタイト語がインド・ヨーロッパ語の一派であることが判明,西欧の学界に強い衝撃を与えた。…

※「フロズニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android