コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロック加工 フロックかこう flock finishing

4件 の用語解説(フロック加工の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロック加工
フロックかこう
flock finishing

植毛加工ともいう。布地に接着剤を塗布して短繊維 (フロック) を植付ける仕上げ法。植毛は直流の高電圧を利用して行う静電植毛加工 (電着加工) が最も多いが,ほかにコンプレッサによる吹付け,散布,または機械的振動の利用などもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フロック‐かこう【フロック加工】

フロックとよばれる綿ナイロンレーヨンなどの繊維を短く切ってつくった毛羽を、布面などに、主に電気植毛法で固着させ、毛皮やビロードのような織物をつくる加工法。フロックフィニッシュ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フロック加工【フロックかこう】

植毛加工とも。長さ0.1〜5mmの短繊維(フロックflock)を基布に垂直に植える加工法。基布に接着剤を塗り直流高電圧をかけて静電気を帯びさせ,繊維を吸引させて接着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フロックかこう【フロック加工 flock finish】

接着剤を塗った布,フォーム(発泡体)などに,ごく短い繊維(フロック)を機械的振動あるいは高圧の静電気を利用して固着させる加工法。接着剤をフィルムに固着し,これを基布にラミネートする方法もある。フロック加工の歴史は古く14世紀にさかのぼり,短く切った絹繊維をペンキを塗ったばかりの壁へ吹きつけて固着することが行われたという。コンクリート壁へフロック加工すると騒音防止に有効であり,近年施行されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フロック加工の関連キーワードユニフォームウレタンフォーム巴布発泡樹脂フォームイレイザーパートコートスタイロフォームポリスチレンフォーム接着紙接着テープ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フロック加工の関連情報