フールスキャップ

百科事典マイペディアの解説

フールスキャップ

平判の大きさを規定したBS(英国標準規格)の一つ。通常は13.25インチ×16.5インチ(342.9mm×419.1mm)で,印刷用紙画用紙のハーフフールスキャップ,封筒用紙のエクストラフールスキャプもある。転じて筆記用紙のこと。もと道化帽の透かしが入っていたのでこの名がある。現在では細かい透かしのの入ったノート用二つ折りの紙をいうことが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

フールス‐キャップ

〘名〙 (fool's cap 道化師の帽子の意) 筆記用の洋紙の一種。寸法は一三インチ(約三三センチメートル)×一六インチ(約四〇センチメートル)。最初に輸入した時、道化師の図柄が漉(す)き込まれていたところからの名。
※星座(1922)〈有島武郎〉「フールス・キャップ四枚を自分の前において」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フールスキャップ【foolscap】

平判の大きさを規定したBS(イギリス標準規格)の一つ。通常は16.5in×13.5in(419.1mm×342.9mm)であるが,印刷ではラージフールスキャップ,画用紙ではハーフフールスキャップ,封筒用紙では9.5in×4.25in(241.3mm×108mm)のエクストラフールスキャップもある。語源は,かつてイギリスのある工場で道化師foolの帽子を透し模様として入れた紙を作り,そのの大きさをさしたものといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android