コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フールスキャップ foolscap

翻訳|foolscap

大辞林 第三版の解説

フールスキャップ【foolscap】

筆記用紙の大きさの一。標準サイズは一七×13.5インチ。 〔もと、道化役者の帽子 fool's cap の透かし模様があったことから〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

フールスキャップ

平判の大きさを規定したBS(英国標準規格)の一つ。通常は13.25インチ×16.5インチ(342.9mm×419.1mm)で,印刷用紙の画用紙のハーフフールスキャップ,封筒用紙のエクストラフールスキャプもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フールスキャップ【foolscap】

平判の大きさを規定したBS(イギリス標準規格)の一つ。通常は16.5in×13.5in(419.1mm×342.9mm)であるが,印刷ではラージフールスキャップ,画用紙ではハーフフールスキャップ,封筒用紙では9.5in×4.25in(241.3mm×108mm)のエクストラフールスキャップもある。語源は,かつてイギリスのある工場で道化師foolの帽子を透し模様として入れた紙を作り,その判の大きさをさしたものといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フールスキャップの関連キーワード筆記用紙ノート

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android