コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フールスキャップ foolscap

翻訳|foolscap

3件 の用語解説(フールスキャップの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

フールスキャップ【foolscap】

筆記用紙の大きさの一。標準サイズは一七×13.5インチ。 〔もと、道化役者の帽子 fool's cap の透かし模様があったことから〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フールスキャップ

平判の大きさを規定したBS(英国標準規格)の一つ。通常は13.25インチ×16.5インチ(342.9mm×419.1mm)で,印刷用紙画用紙のハーフフールスキャップ,封筒用紙のエクストラフールスキャプもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フールスキャップ【foolscap】

平判の大きさを規定したBS(イギリス標準規格)の一つ。通常は16.5in×13.5in(419.1mm×342.9mm)であるが,印刷ではラージフールスキャップ,画用紙ではハーフフールスキャップ,封筒用紙では9.5in×4.25in(241.3mm×108mm)のエクストラフールスキャップもある。語源は,かつてイギリスのある工場で道化師foolの帽子を透し模様として入れた紙を作り,その判の大きさをさしたものといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone