コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブウィンディ原生国立公園 ブウィンディげんせいこくりつこうえんBwindi Impenetrable National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブウィンディ原生国立公園
ブウィンディげんせいこくりつこうえん
Bwindi Impenetrable National Park

ウガンダ南西部,コンゴ民主共和国およびルワンダとの国境付近に位置する国立公園。面積約 320km2。標高 1200mから 2600mの山岳地帯にあり,標高差により植物相が異なるが,アフリカの原生林のなかでも特に豊富な種類の樹木がみられる。特に 100種をこすシダ類の種類の多さは他に例をみない。また,一時はその数が 100頭足らずになり絶滅が心配されたマウンテンゴリラが生息する。保護政策により現在では3倍に回復した。その他にも多くの哺乳類鳥類昆虫類が生息し,アフリカ原生林の姿をとどめている。 1994年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブウィンディ‐げんせいこくりつこうえん〔‐ゲンセイコクリツコウヱン〕【ブウィンディ原生国立公園】

Bwindi》ウガンダの国立公園。コンゴ民主共和国との国境とアフリカ大地溝帯の西部に沿う山岳・森林地帯。植物では100種以上のシダ類、動物では300種を超える鳥類、200種を超えるチョウなどが確認されており、絶滅が危惧されているマウンテンゴリラ約300頭が生息する。1994年、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

ブウィンディげんせいこくりつこうえん【ブウィンディ原生国立公園】

1994年に登録された世界遺産(自然遺産)で、ウガンダの南西部に位置する。標高1200~2600mの平原地帯と原生林が繁茂する山地で、面積は約320km2。100種以上のシダ類、200種の樹木が茂る緑豊かな原生林には、多くの動物が生息し、中でも絶滅危惧種のマウンテン・ゴリラは全世界の約半数がこの地に存在する。◇英名はBwindi Impenetrable National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

ブウィンディ原生国立公園の関連キーワードアフリカ大地溝帯植物相

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android