コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブチサンショウウオ ブチサンショウウオ Hynobius naevius

2件 の用語解説(ブチサンショウウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブチサンショウウオ
ブチサンショウウオ
Hynobius naevius

サンショウウオ目サンショウウオ科。体長8~14cm。暗褐色の体に白っぽい斑点を散布する。四肢は短く,尾は円筒状で先端が鈍い。流水性のサンショウウオの代表種で,産卵は日陰の渓流の石下などで行われ,曲った紐状の卵嚢が1対ずつ産みつけられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブチサンショウウオ
ぶちさんしょううお / 斑山椒魚
[学]Hynobius naevius

両生綱有尾目サンショウウオ科の動物。三重県および滋賀県以西の本州、四国、九州に分布。背面は紫を帯びた黒色で、白色または黄色の斑紋(はんもん)があるが、斑紋の変異は大きい。腹面はやや淡色で不規則斑がある。全長8~13センチメートル。山林内で生活し、3、4月に源流付近の石の下に産卵する。卵は黄白色で径約5ミリメートル。卵数15個内外。幼生は流水中で生活し、翌年に変態する。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブチサンショウウオの言及

【カスミサンショウウオ】より

…北海道にはエゾサンショウウオH.retardatusが分布し,全長14~19cmでやや大きい。ブチサンショウウオH.naevius(約13cm)は分布域がカスミサンショウウオと重なるが,山地に多く産卵も渓流で行う。幼生は緩やかな流水で育つ。…

※「ブチサンショウウオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブチサンショウウオの関連キーワードクロサンショウウオ霞山椒魚山椒魚箱根山椒魚蝦夷山椒魚黒山椒魚東京山椒魚日本サンショウウオセンターサンショウウオ(山椒魚)ヒダサンショウウオ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブチサンショウウオの関連情報