コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブチサンショウウオ ブチサンショウウオHynobius naevius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブチサンショウウオ
Hynobius naevius

サンショウウオ目サンショウウオ科。体長8~14cm。暗褐色の体に白っぽい斑点を散布する。四肢は短く,尾は円筒状で先端が鈍い。流水性のサンショウウオの代表種で,産卵は日陰の渓流の石下などで行われ,曲った紐状の卵嚢が1対ずつ産みつけられる。幼生はをもつ場合がある。本州南西部,四国および九州に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブチサンショウウオ
ぶちさんしょううお / 斑山椒魚
[学]Hynobius naevius

両生綱有尾目サンショウウオ科の動物。三重県および滋賀県以西の本州、四国、九州に分布。背面は紫を帯びた黒色で、白色または黄色の斑紋(はんもん)があるが、斑紋の変異は大きい。腹面はやや淡色で不規則斑がある。全長8~13センチメートル。山林内で生活し、3、4月に源流付近の石の下に産卵する。卵は黄白色で径約5ミリメートル。卵数15個内外。幼生は流水中で生活し、翌年に変態する。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のブチサンショウウオの言及

【カスミサンショウウオ】より

…北海道にはエゾサンショウウオH.retardatusが分布し,全長14~19cmでやや大きい。ブチサンショウウオH.naevius(約13cm)は分布域がカスミサンショウウオと重なるが,山地に多く産卵も渓流で行う。幼生は緩やかな流水で育つ。…

※「ブチサンショウウオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android