コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブテン ブテンbutene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブテン
butene

ブチレンともいう。 C4H8 で示されるオレフィン系炭化水素の総称。石油分解ガス,石炭乾留ガスなどの中に含まれ,炭素鎖中の二重結合の位置により4種の異性体がある。いずれもオレフィンガス特有の臭いのある無色の気体である。 (1) 1-ブテン 沸点-6.25℃。液化石油ガスとして燃料に供するほか,第二ブチルアルコールブタジエンなどの製造原料になる。 (2) 2-ブテン 沸点 3.72℃のシスブテンと沸点 0.88℃のトランスブテンとがある。両者の違いは二重結合に関与している炭素原子に結合している水素原子の結合様式による。工業的には両者は混合したまま利用されることが多い。用途は1-ブテンとほぼ同じ。 (3) イソブテン 沸点-6.9℃。イソオクタンあるいは重合ガソリンの製造原料,合成ゴムやハロゲン化アルキルの製造原料に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブテン
ぶてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のブテンの言及

【ブチレン】より

…炭素数4の脂肪族鎖式不飽和炭化水素(アルケン)で,ブテンbuteneともいい,3種類の構造異性体(2‐ブテンにはシス型とトランス型がある)がある。これらは,ナフサ分解プロセスのC4留分,あるいは石油の接触分解の副産ガスC4留分などに存在し,これらから蒸留その他の方法で分離される。…

※「ブテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブテンの関連キーワードナッタ(Giulio Natta)sub ten runnerウッドワード=ホフマン則ブチレン(データノート)シス‐トランス異性sub fourポリイソブチレンゾブテンベルク岩アミルアルコールシクロアルケンモノオレフィン地熱(ちねつ)イソブチレンプラスチッククロロプレンスタジア測量シクロブタンイソプレンイオン重合バイオ燃料

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブテンの関連情報