コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラックウェル ブラックウェル Blackwell, Elizabeth

3件 の用語解説(ブラックウェルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラックウェル
ブラックウェル
Blackwell, Elizabeth

[生]1821.2.3. ブリストル
[没]1910.5.31. ヘースティングズ
アメリカ最初の医学博士の資格を得た女医。 1832年イギリスからアメリカに渡った。いくつかの医科大学に入学を断られた末,ようやく 47年にニューヨーク州ジュネーブ医科大学が女性と気づかず入学を認め,49年首席で卒業し,学位を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブラックウェル【Elizabeth Blackwell】

1821‐1910
イギリス最初の女医。ブリストルに生まれ,1832年渡米。49年にアメリカで医学博士号を取得。のちイギリスに戻り,59年医師登録簿に女性として初めて登録。当時,女医に対する医業界および世論の障壁は厚く,以後公の講演活動などを通じて医学・医業の女性への開放のための運動を続けた。ナイチンゲール看護教育計画推進を助け,性病法に反対した。ロンドンの女子医学校の婦人科学の教授(1875‐1907)を務めた。【河村 貞枝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラックウェル
ぶらっくうぇる
Elizabeth Blackwell
(1821―1910)

アメリカにおける最初の正式の女性医師女性運動においても先駆者的な役割をなし、女性の地位向上に努めた。イギリスのブリストルに生まれる。1832年アメリカに移住、医学を志したが、女子なるがゆえに17の学校で断られた。1847年ニューヨーク州のホバートカレッジに入学し、1849年卒業、女性で最初の有資格の医師となった。ヨーロッパに渡り、パリのマテルニテ病院や、ロンドンのセント・バーソロミュー病院で研修を行い、この際ナイチンゲールとも会った。1851年ニューヨークに戻り、1857年ニューヨーク女性・小児病院を創始、さらに女子医大・看護学校の設立を援助した。1875年、イギリス最初の女子医大(ロンドン)の教授となった。予防医学に関心をもち、女性運動に力を入れて、女権拡張問題についての論著を出した。[長門谷洋治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラックウェルの関連キーワードイギリス革命イギリスオランダ戦争イギリス巻ブリストル大聖堂イギリスパンイギリス組曲イギリス・バロック管弦楽団イギリス鉄鋼公社イギリス・トルコ通商イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラックウェルの関連情報