ブラックウェル(英語表記)Blackwell, Elizabeth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラックウェル
Blackwell, Elizabeth

[生]1821.2.3. ブリストル
[没]1910.5.31. ヘースティングズ
アメリカ最初の医学博士の資格を得た女医。 1832年イギリスからアメリカに渡った。いくつかの医科大学に入学を断られた末,ようやく 47年にニューヨーク州ジュネーブ医科大学が女性と気づかず入学を認め,49年首席で卒業し,学位を得た。 57年ニューヨークに女性職員だけの病院を開設,女子医学校を創設した。 59年,イギリスで医師に登録され,69年からロンドンとヘースティングズで開業。ロンドン女子医学校の創設に協力し,75年から同校教授となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラックウェル【Elizabeth Blackwell】

1821‐1910
イギリス最初の女医。ブリストルに生まれ,1832年渡米。49年にアメリカで医学博士号を取得。のちイギリスに戻り,59年医師登録簿に女性として初めて登録。当時,女医に対する医業界および世論の障壁は厚く,以後公の講演活動などを通じて医学・医業の女性への開放のための運動を続けた。ナイチンゲールの看護教育計画推進を助け,性病法に反対した。ロンドンの女子医学校の婦人科学の教授(1875‐1907)を務めた。【河村 貞枝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラックウェル
ぶらっくうぇる
Elizabeth Blackwell
(1821―1910)

アメリカにおける最初の正式の女性医師。女性運動においても先駆者的な役割をなし、女性の地位向上に努めた。イギリスのブリストルに生まれる。1832年アメリカに移住、医学を志したが、女子なるがゆえに17の学校で断られた。1847年ニューヨーク州のホバート・カレッジに入学し、1849年卒業、女性で最初の有資格の医師となった。ヨーロッパに渡り、パリのマテルニテ病院や、ロンドンのセント・バーソロミュー病院で研修を行い、この際ナイチンゲールとも会った。1851年ニューヨークに戻り、1857年ニューヨーク女性・小児病院を創始、さらに女子医大・看護学校の設立を援助した。1875年、イギリス最初の女子医大(ロンドン)の教授となった。予防医学に関心をもち、女性運動に力を入れて、女権拡張問題についての論著を出した。[長門谷洋治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android