コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラックマー Blackmur, Richard Palmer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラックマー
Blackmur, Richard Palmer

[生]1904.1.21. マサチューセッツ,スプリングフィールド
[没]1965.2.2. ニュージャージー,プリンストン
アメリカの批評家,詩人。正規の大学教育は受けなかったが,文芸誌『猟犬と角笛』 Hound and Hornの編集にたずさわったのち,1940年から終生プリンストン大学で教えた。評論集には新批評の代表的な実践書『二重の作因』 The Double Agent (1935) ,『身ぶりとしての言語』 Language as Gesture (52) ,『ライオンと蜂の巣』 The Lion and the Honeycomb (55) ,詩集に『ヨルダンの歓喜から』 From Jordan's Delight (37) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラックマー
ぶらっくまー
Richard Palmer Blackmur
(1904―1965)

アメリカの批評家。文学作品を経験に形式を与える営みと考え、経験と形式との関係を強調したのでニュー・クリティシズム(新批評)派の一人とみなされたが、批評が自律性をもとうとする傾向には警告を発し、批評はさまざまな分野における知識を利用した総合判断であると規定した。こうした批評論を展開した『批評家の仕事』(1935)はとくに有名。評論集に『二重行為者』(1935)、『身振りとしての言語』(1952)、『獅子(しし)と蜂(はち)の巣』(1955)、『ヨーロッパ小説論』(1964)などがある。[森 常治]
『篠田一士監訳『ヨーロッパ小説論』(1975・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブラックマーの関連キーワードジョゼフ ウォンボーケニヨン・レビュー1月21日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android