コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリストル海峡 ブリストルかいきょうBristol Channel

翻訳|Bristol Channel

3件 の用語解説(ブリストル海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリストル海峡
ブリストルかいきょう
Bristol Channel

イギリスのウェールズ南部とイングランド南西部を分ける大西洋の湾入。セバーン川河口の三角江の西に東西約 130kmにわたって続く水域で,幅は最奥部付近,ウェールズのカーディフとイングランドのウェストンスーパーメアを結んだ線のあたりの約 20kmから次第に広がり,中央にランディ島がある海峡入口付近では約 80kmになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブリストルかいきょう【ブリストル海峡 Bristol Channel】

イギリス,イングランド南西部とウェールズ南部との間にある大西洋からの湾入。ブリストル湾ブリストル水道とも訳す。東端のセバーン川エスチュアリー(三角江)にあるカーディフとウェストン・スーパー・メアの間は幅8kmであるが,大西洋への出口では幅約69kmに達し,らっぱ状をなして東西に広がる。長さ136km。潮流が速く干満差が大きいため,湾奥ではしばしば高潮が発生する。ウェールズ側は南ウェールズ炭田を中心に工業化が進み,カーディフ,スウォンジー,ニューポートなどの港湾が立地するが,イングランド側は農業地域であり,セバーン川河口近くにあるブリストルが唯一の中心都市である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリストル海峡
ぶりすとるかいきょう
Bristol Channel

イギリス、イングランド南西部のコーンウォール半島とウェールズ南部との間に、大西洋から大きく湾入した入り江。東西に長く、長さ約130キロメートル。入り江の奥はセバーン川の三角江に続いている。一般に「海峡」と訳されているが、その実態は「ブリストル湾」である。西に出口のある細長い湾であるため潮差が最大16メートルにも達し、潮流は時速20キロメートルほどになる。満潮時には高潮が湾奥へ向かい、セバーン川の流路を「ボア」となってさかのぼる。湾奥にはブリストル、カージフなどの都市が立地する。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone