コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリダ ブリダ Blida

3件 の用語解説(ブリダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリダ
ブリダ
Blida

アルジェリア北部の都市。首都アルジェ南西 30km,テルアトラス (アトラステリエン) 山脈北麓,肥沃なミチジャ (アルジェ) 平野の南端に位置する。古くはローマ軍事基地であったが,16世紀に市街が建設され,美しい泉と果樹園のある保養地として繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブリダ(Blida)

アルジェリア北部の都市。アラビア語名エル‐ブライダ。首都アルジェの南西約50キロメートルテルアトラス山脈の北麓、ミティジャ平原に位置する。16世紀にアンダルシアから逃れてきたアラブ人により建設。フランス植民地時代に農産物の集散地として発展。1825年に地震により大きな被害を受けた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリダ
ぶりだ
Blida

北アフリカ、アルジェリア北部の都市。地中海沿岸のミティジャ平野の中心都市である。アラビア語ではエル・ブライダEl Boulada。ブリダ県の県都。人口22万6512(1998)。首都アルジェの南西50キロメートル、シュレア山北麓(ほくろく)の扇状地上に市街地がある。16世紀アンダルシアから移住したアラブ人が建設、商業地として発展し、フランス植民地時代にぶどう酒、柑橘(かんきつ)類、野菜などの集散地となった。機械、食品加工、製粉、肥料などの工業が立地する。アルジェへは鉄道の便がある。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリダの関連キーワードアルジェリアワフラーンサフェドアインサラーフアルジャザイルエルゴレアエルブライダエルメニアクサンティーナタラムサーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリダの関連情報