コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュローフ ブリュローフ Bryullov, Karl Pavlovich

3件 の用語解説(ブリュローフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュローフ
ブリュローフ
Bryullov, Karl Pavlovich

[生]1799.12.23. ペテルブルグ
[没]1852.6.23. イタリア,マルチャノ
ロシアの画家。ペテルブルグのアカデミー卒業後,1822年から 33年までイタリアに留学。ロマン主義の画風をロシアに広めた。主要作品『ポンペイ最後の日』 (1833,ロシア国立美術館) はプーシキン,ゴーゴリらに絶賛され,以後ロシア歴史画の主要な主題となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブリュローフ

ロシアの画家。ペテルブルグに生まれ,同地で修業,1823年―1835年,1849年からベルギーなどを経由してマテイル島におもむき,さらに晩年の2年間はイタリアで活動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリュローフ
ぶりゅろーふ
Карл Павлович Брюллов Karl Pavlovich Bryullov
(1799―1852)

ロシアの画家。木彫師の子としてペテルブルグに生まれ、ペテルブルグ美術アカデミーにおいてイワーノフおよびエゴロフに師事した。1823年から35年までイタリアで研究、35年に帰国してペテルブルグ美術アカデミーの教授となったが、50年にふたたびイタリアへ赴き、以来ローマ近郊のマルチャノで死去するまで制作した。代表作の一つ『ポンペイ最後の日』(1827~33、サンクト・ペテルブルグ、ロシア美術館)は、ロシア美術史上でも記念すべき歴史画の大作である。そこには時代の変革が生き生きと描かれ、新しい人間への賛歌が読み取れる。また、肖像画にも優れた腕前を発揮して『クルイロフ』(1839)、『M・ランチー』(1852)、『自画像』(1848、いずれもモスクワトレチャコフ美術館)などが有名。あふれるばかりの才能をもちながら、故国ロシアで制作できなかったことはブリュローフにとっての不幸であった。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリュローフの関連キーワードペテルブルグペトログラードПетербургサンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクサンクトペテルブルク交響楽団サンクトペテルブルグテレビタワーペテルブルグから来た男ストラヴィンスキーペテルブルグ・ソビエト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone