コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュンティエール Ferdinand Brunetière

百科事典マイペディアの解説

ブリュンティエール

フランスの批評家。独学で博識を得,高等師範学校講師,《両世界評論》主筆などを務める。印象批評に対して裁断的批評を主張,文学史における〈ジャンル進化論〉を唱える。
→関連項目両世界評論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブリュンティエール【Ferdinand Brunetière】

1849‐1906
フランスの批評家,文学史家。1875年から自然主義攻撃の論文を《両世界評論》誌に寄稿し始め,93年にはその主筆となる。その間86年にはエコール・ノルマル・シュペリウールの教授に任命され,当時の学界・批評界に大きな影響を与えた。彼は〈批評の科学〉を構築することを意図し,C.ダーウィンの進化論を援用して《文学史におけるジャンル(様式)の進化》(1890)を唱え,作品の系譜的つながりの中にはそのジャンルに固有の法則が見いだされるとしたが,彼の法則性の理解や作品の価値判断は独断に満ちたもので,結局,その科学的客観性は古典主義擁護のための衣装にすぎなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブリュンティエール【Ferdinand Brunetière】

1849~1906) フランスの批評家・文学史家。自然主義・印象主義に否定的。また、ジャンルは生物の種のように進化すると説く。著「自然主義小説」「フランス文学史の批評的研究」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリュンティエールの関連キーワードフランス文学史印象主義生物

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android