コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュンティエール ブリュンティエール Ferdinand Brunetière

4件 の用語解説(ブリュンティエールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブリュンティエール(Ferdinand Brunetière)

[1849~1906]フランスの文芸批評家。進化論を文学史の研究に適用。著「文学史におけるジャンルの進化」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブリュンティエール

フランスの批評家。独学で博識を得,高等師範学校講師,《両世界評論》主筆などを務める。印象批評に対して裁断的批評を主張,文学史における〈ジャンル進化論〉を唱える。
→関連項目両世界評論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブリュンティエール【Ferdinand Brunetière】

1849‐1906
フランスの批評家,文学史家。1875年から自然主義攻撃の論文を《両世界評論》誌に寄稿し始め,93年にはその主筆となる。その間86年にはエコールノルマル・シュペリウールの教授に任命され,当時の学界・批評界に大きな影響を与えた。彼は〈批評の科学〉を構築することを意図し,C.ダーウィンの進化論を援用して《文学史におけるジャンル(様式)の進化》(1890)を唱え,作品の系譜的つながりの中にはそのジャンルに固有の法則が見いだされるとしたが,彼の法則性の理解や作品の価値判断は独断に満ちたもので,結局,その科学的客観性は古典主義擁護のための衣装にすぎなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブリュンティエール【Ferdinand Brunetière】

1849~1906) フランスの批評家・文学史家。自然主義・印象主義に否定的。また、ジャンルは生物の種のように進化すると説く。著「自然主義小説」「フランス文学史の批評的研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリュンティエールの関連キーワードアルベレスゴスチボーデビルマンランソンサイードサントブーブ批評家評家ボワロー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone