コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーデージー Felicia amelloides; blue daisy; blue marguerite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーデージー
Felicia amelloides; blue daisy; blue marguerite

ルリヒナギクともいう。キク科フェリシア (ルリヒナギク) 属の半低木状草本。青色の辺花と黄色い心花のさわやかな対比が好まれ,鉢植えで流通する。南アフリカ原産で,高さは 30cm~1m近くなる。葉は倒卵形で対生。長い柄の頂部に直径 3cm前後の頭状花をつける。日当りと水はけのよい環境を好む。比較的寒さに強く,3℃以上あれば越冬する。温室内では冬も咲き続ける。挿木で増殖できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ブルーデージー【blue daisy】

キク科の多年草。南アフリカ原産。観賞用に栽培。高さ約30センチメートル。葉は卵円形。径約3センチメートルの中心部が黄色、周囲がコバルト色の頭状花を長い花茎の先につける。瑠璃雛菊るりひなぎく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルーデージー
ぶるーでーじー
blue daisy
[学]Felicia amelloides Voss
[学]Agathaea coelestis Cass

キク科の半耐寒性常緑亜低木。別名をブルーマーガレットblue margueriteといい、和名はルリヒナギク。南アフリカ原産。高さ30~90センチメートル、葉は対生する。長い花柄上に淡青色の舌状花を開く。中心花は黄色で、清楚(せいそ)な愛らしさがある。春の鉢物として温室内で栽培し、矮化(わいか)剤で処理したものが販売され、人気をよんでいる。花期は長く、花壇に移し植え出すと、5月から秋まで咲き続ける。日当りのよい場所であればどこでもよく育つが、夏季に乾燥すると弱るので、定期的に灌水(かんすい)する。繁殖は春か秋に挿芽で行い、春挿しは秋、秋挿しは春に開花する。[山口美智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブルーデージーの関連キーワードコバルト色デージー多年草卵円形

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android