コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルームバーゲン ブルームバーゲンBloembergen, Nicolaas

2件 の用語解説(ブルームバーゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルームバーゲン
ブルームバーゲン
Bloembergen, Nicolaas

[生]1920.3.11. ドルドレヒト
オランダ生れのアメリカ物理学者ユトレヒト大学卒業後,ハーバード大学に学び,ライデン大学で博士号を取得 (1948) 。 1951年に準教授としてハーバード大学に戻り,57年同大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルームバーゲン
ぶるーむばーげん
Nicolaas Bloembergen
(1920― )

アメリカの物理学者。オランダのドルドレヒトに生まれる。1938年ユトレヒト大学に入学したが、第二次世界大戦でオランダはナチスに占領され、大学が閉鎖されるなど困難な状況で勉学を続けた。終戦直後にアメリカのハーバード大学で研究の機会を得て、初期の核磁気共鳴実験に参加、その成果により1948年にオランダのライデン大学で博士号を取得した。翌1949年にハーバード大学に戻り、1951年准教授、1957年教授となり1990年まで務めた。1958年にはアメリカの市民権を獲得している。また、カリフォルニア大学バークリー校、ライデン大学、パリの国立高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)などで客員教授を務めた。
 1954年にメーザーが発明されると、その改良に取り組み、三準位および多準位の固体メーザーを開発した。その後、タウンズとショウロウがメーザーの拡張としてレーザーの可能性を提唱、1960年にレーザー装置が発明された。そこでブルームバーゲンはレーザー装置を用いて、位相のそろったレーザー光を物質に当てたところ、従来とは違う光学現象を発見した。研究を重ねた結果、非線形光学とよばれる新しい学問分野を開拓した。1981年に「レーザー分光学の発展への貢献」によって、ショウロウとともにノーベル物理学賞を受賞した。高分解能電子分光学の発展への貢献が認められたシーグバーンも同時受賞であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブルームバーゲンの関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone