コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレニム宮殿 ブレニムきゅうでんBlenheim Palace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレニム宮殿
ブレニムきゅうでん
Blenheim Palace

イギリス中南部,オックスフォードシャー県ウッドストック近郊にあるイギリス・バロック様式の宮殿。 1704年ブレンハイムの戦いでフランス軍に勝利したマールバラ (公) ジョン・チャーチル将軍が,アン女王より恩賞として当時まだ建築途中にあったこの宮殿を下賜された。 1705年から 1724年にかけて J.バンブラ建築を担当し,莫大な国費を投じて完成。のちにブレンハイムを英語読みに改め「ブレニム宮殿」と命名した。 W.チャーチルの生家としても知られている。またその庭園は現在のイギリス式庭園の基本として名高い (→ブレニム宮庭園 ) 。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブレニム宮殿【ブレニムきゅうでん】

英国イングランド南部,オックスフォードに近いウッドストックにあるカントリー・ハウス。スペイン継承戦争中の1704年,初代マールバラ公ジョン・チャーチルがドイツの小村ブレンハイム(英語読みでブレニム)でフランス・スペイン連合軍に勝利した功によりアン女王から与えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブレニムきゅうでん【ブレニム宮殿 Blenheim Palace】

イギリスのマールバラ公ジョン・チャーチルがオックスフォード近郊に建てた18世紀最大のカントリー・ハウスで,イギリス・バロック建築の代表作。1704年,同公がドイツのブレンハイムの戦に勝利したことを祝福するため,アン女王が大邸宅の下賜を決め,バンブラーを建築家として,05‐25年に建設された。巨大な中庭を抱く主屋と,主屋に匹敵する規模の左右パビリオンからなる。L.ブラウン設計の風景式庭園をもつ。【鈴木 博之】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブレニム宮殿の言及

【カントリー・ハウス】より

…この傾向は18世紀まで続き,イギリス各地にみごとな建築群を残した。ヨークシャーのカスル・ハワード(1712),オックスフォード近郊のブレニム宮殿,ダービーシャーのケドルストン・ホール(1770)などがその代表例で,様式的にはパラディオの邸宅やビラ,フランス・バロック期の邸館をモデルにしたものが多い。フランスのシャトーchâteau,イタリアのビラと並んで,イギリスの古い社会秩序の象徴である。…

【バンブラー】より

…建築家としては,友人の第3代カーライル伯のためにカースル・ハワードの設計(1700)を行う。設計の専門的知識に関してはホークスムアの助力を得たが,代表作ブレニム宮殿(1725)の構成に見られるダイナミックなバロック的性格は彼自身の創案と考えられる。代表作には,ほかに,自邸バンブラー・カースル(1726),シートン・デラバル(1728)などのカントリー・ハウスがある。…

【ブラウン】より

…ノーサンバーランド州出身で,1740年にバッキンガムシャーのストウStoweの庭園師となり,ケントとともに造園に携わる。以後,クルーム・コート(ウォーセスターシャー,1752),ブレニム宮殿(オックスフォード近郊,1769),クレアモント邸(サーレー,1772)など200を超す庭園計画に携わる。敷地のもつ〈可能性〉を十分生かした土地改造方法を唱えたことから,〈ケーパビリティ・ブラウンCapability Brown〉とあだ名される。…

【ブレニム】より

…その功績により時のアン女王からマールバラ公に下賜された領地がこの村である。バロック様式の壮麗なブレニム宮殿が建設され,1874年にはウィンストン・チャーチルがここで生まれた。周辺は人造湖を含む大きな公園となっている。…

【ホークスムア】より

…ノッティンガムシャーに生まれる。C.レンの助手を務め,レンの没後はバンブラーの助手としてブレニム宮殿,カスル・ハワードの建築を行う。自己の作品にはカスル・ハワードの霊廟(1736),ロンドンのブルームズベリーのセント・ジョージ教会(1730),ウェストミンスター・アベーの西正面の塔の部分(1734)などがある。…

※「ブレニム宮殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレニム宮殿の関連キーワードホークスムアブラウン恩賞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android