コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アン女王 アンじょおうAnne

翻訳|Anne

1件 の用語解説(アン女王の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンじょおう【アン女王 Anne】

1665‐1714
イギリススチュアート朝最後の女王。在位1702‐14年。名誉革命オランダから来英し王位についたウィリアム3世が1702年に没したあとをうけて即位。ウィリアム3世の共同統治者であったメアリー2世の妹で,名誉革命に際してフランスに亡命したジェームズ2世の末娘。国教徒として育てられ,1683年にデンマークの王子と結婚していた彼女は,名誉革命では父ジェームズ2世にくみせず,姉婿ウィリアムの側についたが,姉メアリー女王との仲はよくなかったといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアン女王の言及

【スコットランド】より

…イギリス(連合王国)の一地方で,グレート・ブリテン島の北部を占める地域。主都エジンバラ。ローマ時代にはケルト語で〈森林〉を意味する〈カレドニアCaledonia〉と呼ばれたが,アイルランドからのスコット人の移住にともない,11世紀には〈スコシアScotia〉の名称が与えられ,現在の地名の語源となった。北をノルウェー海,東を北海,西を大西洋とノース海峡に囲まれ,南はソルウェー湾,リデル川,チェビオット丘陵,トウィード川を結ぶ境界線によってイングランドと接している。…

【豆本】より

…小本は美濃判の半截であるから,芥子本は美濃判の512分の1ということになる。 西洋で早い例としては,イギリスのアン女王(18世紀)は人形の家に200冊の豆本を並べていた。このころすでにクルミの殻に収まる聖書が印刷されている。…

※「アン女王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アン女王の関連キーワード光の科学史アンアンハノーバー朝安積澹泊安積澹泊アン奈良屋茂左衛門ジョージ[1世]東京大空襲

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アン女王の関連情報