コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーチル Churchill, Arabella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャーチル
Churchill, Arabella

[生]1648
[没]1730
イギリスの貴族ヨーク公 (のちのジェームズ2世 ) の愛人マールバラ (公) の姉。ヨーク公妃の侍女であったが,ヨーク公との間にベリック公ら2男2女をもうけた。のちゴドフリー大佐と結婚。

チャーチル
Churchill, Charles

[生]1731.2. ロンドン
[没]1764.11.4. ブーローニュ
イギリスの詩人。 1756年聖職につき,58年に父の跡を継いでウェストミンスター教区の牧師となったが,J.ウィルクスに協力,議会制民主主義と市民の権利のために活躍,政治的風刺詩を書いて政府を攻撃した。フランスに追放されたウィルクスをたずね,病を得て客死した。主作品は『名優ぶる人々』 The Rosciad (1761) 。

チャーチル
Churchill, Lord Randolph Henry Spencer

[生]1849.2.13. オックスフォードシャー,ブレンハイム宮
[没]1895.1.24. ロンドン
イギリスの政治家。 W.チャーチルの父。マールバラ公家に生れ,1874年下院に入る。 78年まで保守党内で内部批判を続けたが,80年以後,議会で保守党内反主流派を結集し,81年 B.ディズレーリの死を契機に党内グループとしていわゆる第4党をつくり「トーリー民主主義」を主張,保守党勢力の挽回をはかった。 84年には議会外の党組織である保守党全国連合における影響力を背景に党首ソールズベリー (侯) と対立。妥協成って 85~86年第1次ソールズベリー内閣のインド相。 86年8月には第2次ソールズベリー内閣の蔵相となったが,軍事予算をめぐる対立から同年 12月引退。

チャーチル
Churchill, Winston

[生]1871.11.10. セントルイス
[没]1947.3.12. フロリダ,ウィンターパーク
アメリカの小説家。 1894年海軍兵学校を卒業したが,文筆生活に入り,処女作『名士』 The Celebrity (1898) を発表,次いで独立戦争を背景にしたロマンス『リチャード・カーベル』 Richard Carvel (99) がベストセラーとなり,南北戦争を扱った第3作『危機』 The Crisis (1901) で歴史小説作家としての名声を確立。その後,独立戦争当時のケンタッキー開拓民を扱う『横断』 The Crossing (04) を経て,興味を社会,政治問題に転じ,州議会議員でもあったみずからの自伝的要素を含む『クリュー氏の経歴』 Mr. Crewe's Career (08) を発表。ほかに『遠い国』A Far Country (15) など。

チャーチル
Churchill, Sir Winston Leonard Spencer

[生]1874.11.30. オックスフォードシャー,ブレニム宮
[没]1965.1.24. ロンドン
イギリスの政治家。保守党政治家 R.チャーチル卿の長男。 1894年サンドハーストの陸軍士官学校卒業。キューバ,インド,スーダン遠征および南ア戦争に参加。 1900年に保守党下院議員となったが,04年関税政策に反対して自由党に移り,植民省次官,内相などを経て,第1次世界大戦時には海相,軍需相として活躍。戦後陸相として対ソ干渉戦争を推進,次いで植民相となった。 24年保守党に戻り,24~29年蔵相に就任。第2次世界大戦前には対独宥和政策に反対。開戦とともに海相となり,40年首相に就任。フランスの敗北,イギリス本土の空爆など困難な政局にもめげず,アメリカ,ソ連と協力して最終的な勝利に導いた。戦後の 45年総選挙に敗れ辞職した (→鉄のカーテン ) が,51~55年首相に復帰。 53年ノーベル文学賞を受けた。主著『第2次世界大戦』 The Second World War (6巻,1948~54) 。

チャーチル
Churchill

カナダ,マニトバ州ハドソン湾西岸の町。チャーチル川河口に位置し,周辺は灌木や地衣類しか生育しないツンドラ地帯。ヌナブト准州への玄関口にあたり,1688年以来ハドソン湾会社の毛皮交易所があった。 1931年にハドソン湾鉄道が開通してからは,州南部の穀物のヨーロッパへの輸出港となった。 46年にアメリカ合衆国陸軍との共同利用の北極実験ステーションが完成。イヌイット (エスキモー) 博物館がある。人口 1143 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チャーチル(Churchill)

カナダ、マニトバ州北端の町。ハドソン湾に注ぐチャーチル川の河口に位置する。野生のホッキョクグマやシロクジラ(シロイルカ)が見られる場所として知られる。

チャーチル(Winston Leonard Spencer Churchill)

[1874~1965]英国の政治家保守党から自由党に転じ、第一次大戦をはさんで商相・内相・海相・陸相・植民地相を歴任後、保守党に復帰。第二次大戦には首相として強力な指導力を発揮して連合国を勝利に導いた。戦後はソ連・東欧諸国に対する西欧の結束を訴え、特に「鉄のカーテン」演説は有名。著「第二次大戦回顧録」で1953年ノーベル文学賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

チャーチル

英国の政治家。青年時代にキューバ反乱鎮圧,スーダン遠征に参加,ボーア戦争には新聞記者として従軍。1900年保守党員として下院議員となったが保護関税に反対して自由党に転じ,商相・内相・植民相を歴任
→関連項目アトリーイーデン回想録カイロ会談核抑止論カサブランカ会談サザランド鉄のカーテンバトラーブレニム宮殿ポツダム会談ホーホフートマティーニマールバラマンハッタン(カクテル)ヤルタ会談

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャーチル【Winston Churchill】

1871‐1947
アメリカの小説家。セント・ルイスに生まれ,海軍兵学校卒。ニューハンプシャーに住み,州会議員も務める。独立戦争時代を扱う《リチャード・カーベル》(1899)や南北戦争の頃のセント・ルイスを舞台にした《危機》(1901)等の通俗的歴史小説で有名。その後は社会小説に転じ,19世紀中ごろのニューイングランド政界を描いた《コニストン》(1906)や鉄道の腐敗を暴く《クルー氏の経歴》(1908)等を書いた。【池田 孝一】

チャーチル【Winston Leonard Spencer Churchill】

1874‐1965
イギリスの政治家。スペイン継承戦争に戦功をたてた初代マールバラ公の子孫。保守党蔵相を務めたランドルフ・チャーチルRandolf C.(1849‐95)の長男。チャーチルは動乱期の指導者として最もよくその才能を発揮する型の政治家であり,90年におよぶ生涯は,大英帝国の栄光とその清算を象徴している。名門に生まれ軍人を経て議会人になった前半生は,精力的で豪胆なためむしろ不遇であった。だがナチス・ドイツと死闘するイギリスの運命を担ったとき,彼の強靱な戦闘意志と率直な雄弁は瀬戸際で国民を鼓舞し,5年にわたる政治と軍事の非凡な指導によって,反ナチス陣営を勝利へと導いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チャーチル【Winston Leonard Spencer Churchill】

1874~1965) イギリスの政治家。1900年保守党員として政界に入り、保護関税に反対して自由党に転じ、諸大臣を歴任。のち再び保守党に復帰、第二次大戦中は首相として強力な統率力を発揮、連合軍の勝利に貢献した。51年再度首相となり55年引退。「第二次大戦回顧録」などを著し文筆家としても知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のチャーチルの言及

【イギリス】より

…38年のミュンヘン会談に象徴されるチェンバレンの対独宥和政策は,イギリス国力の相対的低下を自覚した,ベルサイユ体制の平和的修正の試みであったが,もはやイギリスにはかつての〈世界の警察官〉としての威信も実力もなく,第2次世界大戦の勃発は防げなかった。
[福祉国家への再生]
 イギリスはW.チャーチルの下で,満6年にわたり国力を使い果たして戦い抜き,第2次世界大戦に勝利した。だが戦勝の国民は,労働党に経済再建を急務とする苦難の戦後経営を託した。…

【オーストラリア】より

…イギリス防衛の名の下に,総人口500万未満のうち40万の壮丁が中東および欧州戦線に赴き,8万が戦死した。イギリス軍参謀本部と時の海相W.チャーチルの無謀な作戦によって,ANZAC(アンザツク)(オーストラリア・ニュージーランド連合軍)が戦死1万,負傷2万4000の被害を出した,ダーダネルス海峡内のガリポリ湾での戦闘(1915年4~12月)は,オーストラリア,ニュージーランド両国内で聖戦視され,あらゆる悪しき保守性の結節点となっている。1926年イギリスは自治領の内政・外交の自治権を認め,31年ウェストミンスター憲章として法制化したが,カナダとアイルランド自由国は即座にそれを批准したのに,オーストラリアは42年,ニュージーランドは47年まで批准しなかった。…

【第2次世界大戦】より


[イギリス]
 イギリスは,開戦にいたるまで〈宥和(ゆうわ)政策〉をとり,ドイツの侵略的行動を許していった。その後1940年5月チャーチルのもとに〈挙国一致政府〉が成立し,ドイツの攻撃に抵抗し反撃したのである。この時期イギリスは,経済の弱体化とイギリス帝国の維持という二つの構造的条件のなかで活動せざるをえなかった。…

【ブレニム】より

…地名はドイツのバイエルン州南西部,ドナウ河畔にあるブレンハイムBlenheim(現在はブリントハイムBlindheim)村に由来する。スペイン継承戦争中の1704年,初代マールバラ公爵ジョン・チャーチル指揮下のイギリス軍は,ブレンハイム村付近でフランスとバイエルンの連合軍を破った。その功績により時のアン女王からマールバラ公に下賜された領地がこの村である。…

※「チャーチル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャーチルの関連キーワードサー・ヘースティングス イズメープリンスアルバート国立公園プリンス・オブ・ウェールズ第2次世界大戦連合国会議ジョン コッククロフトケンタッキーダービークレメントRアトリージョン アンダーソンビッグ・トレイルシリアス・マネーハロー・スクールいつか王子様がブレナムパレス自由党(英国)鷲は舞い降りたレッドブリッジラ・マムーニアブレナム宮殿テヘラン会談レディング

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャーチルの関連情報