ブロマイド(読み)ぶろまいど(英語表記)bromide

翻訳|bromide

日本大百科全書(ニッポニカ)「ブロマイド」の解説

ブロマイド
ぶろまいど
bromide

臭化銀を用いてつくった写真印画紙、また、その印画紙に焼き付けた写真のこと。日本では俳優、歌手などの人気者のポートレートを、「プロマイド」とよんでいるが、これは、大正末期、映画俳優の肖像写真を商品として売り出すとき、印画紙そのままの名称ではおかしいというので案出されたものという。映画スターのプロマイド登場の第1号は、1921年(大正10)の栗島(くりしま)すみ子であった。

[畑 暉男]

『『プロマイド昭和史』(1982・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ブロマイド」の解説

ブロマイド

〘名〙 (bromide)⸨プロマイド⸩ 俳優、歌手などのはがき大の肖像写真。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「二枚掛のプロマイドの写真がハラリと膝の上に落ちた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ブロマイド」の解説

ブロマイド

ブロマイド紙に焼付けた映画スターなどの写真のこと。誤って〈プロマイド〉と呼ばれていた。大正末から昭和初期へかけて映画が大衆的な娯楽になるとともにキャビネ判に焼き付けた映画のスチールやスターのポートレートが人気を呼び,1枚5銭から10銭ぐらいで売られた。駄菓子屋で売る1銭の小さいブロマイドもあった。映画ファンのブロマイドのコレクションは昭和10年ころまで流行したが,当時はキャビネ判以上の写真は珍しがられたので,大判のポートレートなどは特殊なものと思われていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブロマイドの言及

【肖像写真】より

… 1854年にフランス人A.A.ディスデリDisdériによって特許がとられた〈名刺判写真(カルテ・ド・ビジットcarte de visit)〉は,レンズをたくさん取り付けたカメラによって1枚の原板に8枚,12枚等の写真を写しだすものであったが,これによってよりたくさんの肖像写真が安価に写されたことはもちろんのこと,このシステムを使って有名人の肖像を複写複製して売り出したことは,いままでにない側面を〈肖像〉にもたらした。今日いうところのブロマイド写真の始まりといえるだろう。肖像写真の写真史初期における展開は,写真を大衆に受け入れさせただけではなく,社会の中で機能するものとして確立させていく過程であった。…

※「ブロマイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android