コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラント・オパール plant opal

世界大百科事典 第2版の解説

プラント・オパール【plant opal】

イネ科植物などに含まれる多量のケイ酸が細胞に集積したもの。植物ケイ酸体植物タンパク石ともいう。とくに葉身にある細胞ケイ酸体は,種により特有の形と大きさを示し,考古学などではこれを利用し,遺跡の土壌や土器の胎土中のプラント・オパールの同定により,農耕の起源に迫ろうとする研究が進められている。熊本県の縄文時代晩期初めの土器からは,イネのプラント・オパールが検出されている。水田遺構の検出にも有効で,青森県南津軽郡田舎館(いなかだて)遺跡では,発掘前のボーリング資料から推定された水田址が,実際の発掘で検出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone