コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリ プリ Puri

翻訳|Puri

3件 の用語解説(プリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリ
プリ
Puri

インド東部,オリッサ州東部,ベンガル湾にのぞむ都市。プリ県の行政庁所在地。米,ジュート水産物を集散。ジュート加工,製薬なども行われる東ガンガ朝のチョダガンガ王が 12世紀に建立したジャガンナート寺は,インド=アーリア型ヒンドゥー教建築のなかでも最もすぐれたものの一つとされ,聖地として巡礼が訪れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プリ(Puri)

インド中東部、オリッサ州の都市。州都ブバネシュワルの南約60キロメートルに位置し、鉄道で結ばれ、ベンガル湾に面する。東インドを代表するヒンズー教寺院、ジャガンナート寺院がある。美しい砂浜が広がり、海岸保養地としても知られる。プリー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリ
ぷり
Puri

インド中東部、オリッサ州南東部、ベンガル湾に臨む港湾都市。別称ジャガナトJagannathまたはジュガーノトJuggernaut。人口15万7610(2001)。ブバネシュワルからの鉄道の終点で、農産物の集散地である。精米、織物、金属加工、木工細工、石細工、玩具(がんぐ)などの手工業が行われている。ジャガナト(ビシュヌ・クリシュナ神の別称)とよばれるヒンドゥー教の大寺院があり、ビシュヌ信仰の聖地となっている。美しい砂浜海岸の静かな保養地として知られる。[福岡義隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリの関連キーワードインドシナ半島チェンナイオリッサ迦陵伽オリッシ西ベンガルプリーマハナディ[川]オリッサ[州]Udayagiri(インド,オリッサ州)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プリの関連情報