コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレベン Pleven

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレベン
Pleven

ブルガリア北部,ロベチ州の都市。ドナウの支流ビト川から約 8km東寄りに位置する。ソフィア-バルナ間の鉄道およびソフィア-ルセ間の道路の要地。周辺の農業地域の中心として,たばこ,食品,繊維,製材,機械,セメント,ゴムなどの工業が盛ん。町の起源はトラキア人の集落跡に築かれたローマの宿駅ストルゴシアにさかのぼり,10~12世紀には要塞都市カメネツとして知られたが,1266年ハンガリー領となり,70年現名称となった。 14世紀末オスマン帝国領となり,重要な要塞および商業都市として発展。 1877年ロシア=ルーマニア連合軍が長期の包囲激戦のあと解放。市内にその記念碑や博物館がある。人口 13万 8323 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

プレベン

ブルガリア北部の都市。農業地帯の中心。最近の工業の推進で,天然ガスの開発,石油精製農業機械・セメント・食品工業が行われる。1877年ロシア・トルコ戦争の激戦地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレベン
ぷれべん
Pleven

ブルガリア北西部、プレベン県の県都。ドナウ台地に位置する。人口14万9174(2001)。古代のトラキア人集落カイルカKajlukaにさかのぼり、1世紀のローマの宿駅ストルゴシアStorgosiaから発展した。7世紀にアバール人に破壊されたが、9世紀ブルガリア人が再興し、手工業と交易の中心地となった。14世紀末、オスマン帝国の支配下に入ると一時衰退したが、地域の行政・軍事の拠点となり、16世紀にドナウ川の河港ニキュプNikp(現ブルガリア北部のニコポル)経由の交易が確立されると、大規模な家畜市場が整備され、オスマン軍や地元住民に供給する皮革、靴、羊毛、穀物の交易で栄えた。1877年のロシア・トルコ戦争では、ここで雌雄を決する戦い(プレブナの戦い)が行われた。このとき、ロシア軍に随行した日本軍観戦武官の山沢静吾(やまざわせいご)が初めてブルガリアの地を踏んだ日本人である。戦場はその後、森林公園となった。石油精製や石油化学工業が主産業だが、一帯はブドウ栽培とワイン産業が盛んで、ブルガリアで最初に設立されたワイン醸造学校がある。[寺島憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プレベンの関連キーワードアングロ・アラブ[種]成果育成プログラムR. プレベンニコポル

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プレベンの関連情報