プロジェクトエンジニアリング

  • project engineering

百科事典マイペディアの解説

略称PE化学工業用語。連続装置体系をもつ大規模複雑な工場プラント建設する場合に,化学,機械電気建築,自動制御など各種の専門技術を動員し,これらを統合して最も合理的・経済的に建設を進める総括的・実務的な技術分野。最近では環境アセスメントテクノロジー・アセスメントがPEの初期段階で重要な要素になってきている。その中心となる技術者,組織者をそれぞれプロジェクトエンジニア,プロジェクトマネージャーと呼ぶ。宇宙開発など複数の国家が関係する巨大プロジェクトをマクロエンジニアリングということもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

略称PE。プロジェクトエンジニアリングという概念がいつどこで生まれたか定かではない。レーズH.F.Raseらが,化学プラントの建設で(そしておそらくアメリカで)生まれた,としているが,正しいであろう。つまりプラントが巨大化し,複雑化し,高度化し,その安全性,信頼性,経済性に対し最高の技術が要求されるに至り,それらを支える各種専門技術を組み合わせ統合する技術と,全体を統一された思想目標もとに管理する技術がますます必要となり,これらの技術をPEと呼ぶようになったようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android