コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロセス制御 プロセスせいぎょprocess control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロセス制御
プロセスせいぎょ
process control

原料や素材を特定の状態で処理し,化学的,あるいは物理的変化を与えて工業製品を生産する操作,もしくはその過程を工業プロセスという。たとえば化学,製鉄,製紙,水処理などのプロセスがある。このような工業プロセスでは温度,圧力流量,原料組成,効率など (これらをプロセス状態量という) を,ある一定値に保つこと,あるいはある一定のパターンで変化させることが必要である。そのための制御をプロセス制御という。比例-積分-微分 (PID) 動作をする制御装置 (プロセス制御では普通調節計と呼ぶ) を用いて,フィードバック制御を行う。プロセスには外乱 (雑音) が多いが,フィードバック制御によって外乱の影響を著しく低減させることができる。近来,調節計にコンピュータを使う DDC(direct digital control)方式が多く用いられるようになった。フィードバック制御をシーケンス制御と組合せることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

プロセス制御【プロセスせいぎょ】

物とエネルギーの流れを中心とする設備,施設,工場などでの品質・量を含む全体の制御。プロセスオートメーションにおいて中心的役割を果たす。
→関連項目自動制御

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロセスせいぎょ【プロセス制御 process control】

プロセス制御という言菓は,かつて,製鉄,石油,化学などのプロセス産業において,生産・用役プラントでの温度,圧力,濃度などのプロセス変量の自動制御を指す言葉であった。情報技術の発展により,制御対象はプロセス変量から製品の品質と量を含むプラント全体に,さらには工場全体に拡大した。今日では,物,エネルギーおよび情報の流れを中心とする工場全体の制御を意味するものとなっている。 プロセス制御は3階層の機能をもつ計算機群により実現されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

プロセスせいぎょ【プロセス制御】

自動制御方式の一。制御する量が、工業プロセスにおける状態量(圧力・温度・流量など)であるときの制御方式。それらを一定値に保つ定値制御が一般的。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロセス制御
ぷろせすせいぎょ
process control

プロセス・オートメーションの工程を制御するシステムをいう。石油工業、セメント工業のように、種々の原料から物理的あるいは化学的な処理操作によって製品を生み出す過程をプロセスという。プロセス制御はプロセスの組成、流量、温度、圧力、湿度、濃度などをそれぞれの目的に応じた条件に保つことによって行われる。[立花康夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプロセス制御の言及

【自動制御】より

… 狭義の自動制御は,制御しようとしている状態の種類によって二つに大別される。工業プロセスの状態――たとえば温度,流量,圧力,液位,組成,濃度,混合比率など――の制御をプロセス制御といい,物体の幾何学的状態――たとえば位置,角度,方位,姿勢など――の制御をサーボ機構という。冷蔵庫の温度制御はプロセス制御の例である。…

※「プロセス制御」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロセス制御の関連キーワード日本システムディベロップメントファクトリーオートメーションミニコンピューターセンサー定値制御数値制御むだ時間

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロセス制御の関連情報