コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロテイン protein

翻訳|protein

食の医学館の解説

プロテイン

〈アミノ酸スコアの高いたんぱく質〉
 プロテインとは英語でたんぱく質のことです。たんぱく質は三大栄養素の1つで、筋肉や臓器などの構成成分となるばかりでなく、生体機能を調整するペプチドホルモンや酵素、神経伝達物質にもなり、生命維持に欠かせません。たんぱく質はアミノ酸が集まってできていますが、そのアミノ酸は全部で20種類あります。このうち8種類(幼児の場合9種類)は人間の体内で合成できず、必須アミノ酸と呼ばれています。体が必要とするたんぱく質を効率よくとるためには、食品のなかに含まれる必須アミノ酸の割合がたいせつとなります。これを表した数字が「アミノ酸スコア」で、FAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)で定められた値が一般に使用されています。必須アミノ酸(「成長期に食べさせたい食品参照」)はどれか1つが不足すると、ほかのアミノ酸もそのレベルまでしか働かない性質をもっています。したがってアミノ酸スコアの高い食品ほど、効率よくたんぱく質を摂取できるのです。
〈サプリメントとしてのプロテイン〉
○栄養成分としての働き
 サプリメントとしてのプロテインは、「高たんぱく食品」の意味をもち、アミノ酸スコアが高い良質なたんぱく質です。おもな材料は、動物性たんぱく質では牛乳、植物性ではダイズです。ダイズたんぱくにはダイズサポニンが含まれ、コレステロール値を下げ、動脈硬化や脂質異常症を防ぎ、がんを予防することも判明しています。
 たんぱく質の所要量を肉類などで摂取すると、脂質も含まれるため脂質オーバーになるおそれがあります。しかしプロテインには脂質がほとんど含まれていないので、ダイエット中のたんぱく質補給に最適です。なお、プロテインは湿気を吸収するとカビが発生しやすくなります。このカビには発がん性の危険があるので、乾燥した状態で保存することがたいせつです。

出典 小学館食の医学館について 情報

プロテインの関連キーワードタンパク(蛋白)質リン(燐)酸化酵素セリントレオニンホスファターゼ子どもの播種性血管内凝固症候群ホスホリラーゼホスファターゼアルツハイマー型痴呆治療薬糖タンパク質(糖蛋白質)タンパク質ホスファターゼスポーツ・サプリメントハイカカオチョコレートスポーツとサプリメントチロシンホスファターゼタンパク(蛋白)質工学グリコーゲン合成酵素蛋白質ホスファターゼラルストン・ピュリナプロテインキナーゼC蛋白質脱燐酸化酵素蛋白質・タンパク質タンパク質キナーゼスタイリングジェル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロテインの関連情報