コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロピルアルコール propyl alcohol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロピルアルコール
propyl alcohol

プロパノールともいう。化学式 C3H7OH 。1分子中の炭素原子数が3個のアルコールで,2種の異性体がある。 (1) イソプロピルアルコール 化学式 (CH3)2CHOH 。 (2) n -プロパノール 化学式 CH3(CH2)2OH 。エチルアルコールのような匂いのする無色の液体。フーゼル油の中に少量含まれる。沸点 97.4℃。水とは任意の割合で混る。塩化カルシウム飽和溶液にエチルアルコールは溶けるが,1-プロパノールは溶けないので,エチルアルコールとはこの点で区別される。酸化するとプロピオンアルデヒドまたプロピオン酸となるが,エチルアルコールはアセトアルデヒドまたは酢酸になるので,この点でも両者は区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロピルアルコール【propyl alcohol】

炭素数3個の脂肪族飽和アルコール(一般式C3H7OH)で,プロパノールpropanolともいう。以下に記す2種の異性体がある。
[プロピルアルコール]
 n‐プロピルアルコールともいう。IUPAC名は1‐プロパノール。化学式CH3CH2CH2OH。メチルアルコール様の香りのある液体。融点-89.5℃,沸点82.4℃,比重0.8035(20℃)。水,エーテル,エチルアルコールと任意の割合で混ざる。フーゼル油中に3~7%含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロピルアルコール
ぷろぴるあるこーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プロピルアルコールの関連キーワードイソプロピルアルコール(データノート)オッペナウエル酸化アクリルアルデヒドイソプロパノール変性アルコール石油化学工業アクロレインカルビノールフリーデル蛍光性色素プロピレンアルケン石油化学アセトン構造異性イソ酪酸異性体IPA同族列ケトン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android