コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘプ ヘプCheb

4件 の用語解説(ヘプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘプ
ヘプ
Cheb

ドイツ語ではエーガー Eger。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方西部の都市。チェコの西端,ドイツとの国境近くに位置する。自転車,機械,羊毛加工,木材などの工業が行われる。 12世紀に築かれた城跡,中世ドイツ集落の面影を残す広場などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘプ(Cheb)

チェコ西部の都市。ボヘミア地方の最西端でドイツとの国境に近く、オフジェ川に沿う。中世よりバイエルン地方とボヘミア地方を結ぶ中継点として繁栄。フス戦争三十年戦争で大きな被害を受けた。現在は機械工業ビール醸造が盛ん。旧市街にはシュパリーチェクとよばれるゴシック式の建物が並ぶほか、ヘプ城、ヘプ博物館などがある。ドイツ語名エーガーまたはエゲル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ヘプ【Cheb】

チェコ西部,西ボヘミアにある都市。人口3万2000(1991)。ドイツとの国境から5kmの所にある鉄道交通の要地で,かつてはドイツ人町。ドイツ名はエーガーEger。ラベ(エルベ)川の支流オフジェOhře川沿いに発達。機械(自転車)・繊維・食品(肉,ビール)・木材工業が盛ん。13世紀に起源をもつフランチスカナ教会,15世紀のニコラウス教会や〈黒い塔〉のあるロマネスク式の城館,ゴシックルネサンスバロック式の家々など,重要な歴史的建造物が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘプ
へぷ
Cheb

チェコのボヘミア地方最西端、ドイツとの国境に近いオフジェ川川岸にある歴史的都市。人口3万3028(2001)。13世紀にドイツ人の東方植民によって建設され、18世紀まで都市として自治を保った。14、15世紀のゴシック様式ルネサンス様式の建築物に囲まれた広場が保存されており、なかでもロココ様式のファサードをもった家(シュパリーチェックとよばれる)が有名である。また、12世紀のロマネスクチャペルと砦を残すヘプ城、ヘプ博物館もある。機械、綿や亜麻(あま)などの繊維、ビール醸造、皮革などの工業も行われている。ボヘミア、ザクセン、バイエルンの地域間協力(ユーロレギオ・エグレンシス)においてボヘミアを代表する都市でもある。三十年戦争で活躍したボヘミア出身の傭兵(ようへい)隊長ワレンシュタインが1634年この地で暗殺された。[中田瑞穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘプの関連キーワードシリコテライトヘプ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘプの関連情報