コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンゼルとグレーテル ヘンゼルとグレーテル Hänsel und Gretel

6件 の用語解説(ヘンゼルとグレーテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンゼルとグレーテル
ヘンゼルとグレーテル
Hänsel und Gretel

グリム兄弟の『子供と家庭の童話』に収められた昔話。森に捨てられた兄妹が菓子でできた家に行き,魔法使いの老婆に捕えられる。ヘンゼルは閉じ込められて太らされ,グレーテルは下女代りに使われるが,老婆を殺して宝石を奪い,かもの助けをかりて家に帰りつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘンゼルとグレーテル

《原題、〈ドイツHänsel und Gretel
グリム童話に収録された話の一。貧しさのため森に捨てられた幼い兄妹が、菓子の家に住む魔女に捕らえられるが、機転を利かせて魔女を殺し、宝物を得て家に帰る。
を原作とするフンパーディンク作曲のオペラ。全3幕。1893年初演。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ヘンゼルとグレーテル

ドイツの作曲家エンゲルベルト・フンパーディングのドイツ語による全3幕のオペラ(1893)。原題《Hänsel und Gretel》。グリム童話の同名の作品に基づく。メルヘン・オペラの代表的な作品として知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンゼルとグレーテル【Hänsel und Gretel】

グリム童話集》15番の話。貧しいきこり夫婦が,2人の子どもを森に捨てるが,兄のヘンゼルが落としておいた小石が道しるべとなって,2人は無事帰宅する。2度めに捨てられたときにはパンを道しるべとしたため,小鳥に食べられてしまい,2人は道を見失う。白い小鳥について行くと森の中にお菓子の家があり,それを食べていると中から魔女が出てきて招じ入れられる。魔女はヘンゼルを食べるつもりで太らせる。妹のグレーテルはパンがまの中へ突っ込まれそうになるが,機転で逆に魔女を入れ,かまのふたを閉じて魔女を焼き殺す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヘンゼルとグレーテル

グリム童話の一。森に捨てられたヘンゼルとグレーテルの兄妹は、菓子の家の魔女に捕らえられるが、魔女をパン窯で焼き殺して逃げ帰る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンゼルとグレーテル
へんぜるとぐれーてる
Hnsel und Gretel

『グリム童話集』15番の話。貧しい木こり夫婦がヘンゼルとグレーテルを森の中に捨てる。兄妹は森の中でお菓子の家に到達。そこに住む魔女は、兄を太(ふと)らせてから食べようとする。妹はパン焼き竈(がま)が十分熱せられたか見てくるよう命じられたとき、魔女をだまして竈に押し込んで殺し、兄と2人で無事帰宅する。カッセルの薬局経営者ウィルト家の人が語ったもの。第五版(1843)において、前年に公刊されたアルザス地方のメルヒェンから文体上大きな影響を受けて、今日の形になった。[小澤俊夫]

オペラ

グリム兄弟の原作を基にドイツの作曲家フンパーディンクが1893年に完成し、同年ワイマールで初演され、大成功を収めた。作曲者の実妹アデルハイト・ウェッテによる台本で、原作の暗い雰囲気は一掃され、この童話の宗教的側面が強調されている。音楽的にはワーグナーの影響が強く、特定の人物や事象を表す、いわゆる示導動機が巧みに利用されて全体の統一が図られているが、旋律は民謡風に親しみやすく、全曲は素朴な暖かさに包まれている。だれにでも楽しめる歌劇として人気が高く、クリスマス・シーズンに世界各国で上演されている。日本での全曲初演は1949年(昭和24)。[三宅幸夫]
『高橋健二訳『グリム童話全集I』(1976・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘンゼルとグレーテルの言及

【オペラ】より

… ベルディとワーグナー以後は,彼らに匹敵するほど偉大なロマン派オペラの作曲家はもはや現れなかった。ドイツではワーグナー風の技法をメルヘンの世界と結びつけたフンパーディンクの《ヘンゼルとグレーテル》があり,イタリアでは,下層市民の生活に題材をとり,なまなましい現実感を盛り上げたマスカーニの《カバレリア・ルスティカーナ》とレオンカバロの《パリアッチ》が現れた。しかし,マスカーニやレオンカバロによるベリズモ(写実主義)オペラの成功は一時的なものにすぎず,18世紀以来イタリアで培われてきたベル・カント唱法の伝統を受け継いで抒情的旋律美の最後の峰を築いたのは,《ラ・ボエーム》や《蝶々夫人》で知られるプッチーニであった。…

【フンパーディンク】より

…バルセロナ,ケルン,フランクフルト・アム・マインで作曲を教えた後,1900年ベルリン高等音楽学校教授に招かれた。代表作はオペラ《ヘンゼルとグレーテル》(1893)で,グリム童話に題材をとり民謡風の旋律とともにワーグナーの手法を特徴とする。ほかに同じく童話オペラ《王子と王女》(1910)などの作品が知られる。…

※「ヘンゼルとグレーテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘンゼルとグレーテルの関連キーワードグリムグリム童話グリム童話集増刊まんがグリム童話LOVE&SEXYまんがグリム童話まんがグリム童話デラックスGRIMM グリムグリム名作劇場グリム兄弟の家金田鬼一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘンゼルとグレーテルの関連情報