コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリー・ライクロフトの私記 ヘンリー・ライクロフトのしきThe Private Papers of Henry Ryecroft

2件 の用語解説(ヘンリー・ライクロフトの私記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリー・ライクロフトの私記
ヘンリー・ライクロフトのしき
The Private Papers of Henry Ryecroft

イギリスの小説家 G.ギッシングの自伝的随想録。 1903年刊。5年間にわたる随想の短章が春夏秋冬の4部に分けて配置されている。静かな孤独の生活,読書の感想,おりおりの交遊,貧困時代の回想,人生論,時事問題の批判などに,四季の移り変り空模様の変化,庭の草木の様子などの描写が織り交ぜられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンリー・ライクロフトの私記
へんりーらいくろふとのしき
The Private Papers of Henry Ryecroft

イギリスの作家ギッシングエッセイ集。架空の文学者の遺稿集の形に事寄せた随筆で、1903年に発表され、以後彼の作品中では、例外的に広く知られているもの。春夏秋冬の4章に分けて、古典文学、自然の美しさなどについて、穏やかな筆でつづった短文が集められ、日本でも『徒然草(つれづれぐさ)』などと比較されて、明治以来多くの学生、知識人の愛読書となっている。[小池 滋]
『平井正穂訳『ヘンリー・ライクロフトの私記』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone