コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリー・ライクロフトの私記 ヘンリー・ライクロフトのしき The Private Papers of Henry Ryecroft

2件 の用語解説(ヘンリー・ライクロフトの私記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリー・ライクロフトの私記
ヘンリー・ライクロフトのしき
The Private Papers of Henry Ryecroft

イギリスの小説家 G.ギッシングの自伝的随想録。 1903年刊。5年間にわたる随想の短章が春夏秋冬の4部に分けて配置されている。静かな孤独の生活,読書の感想,おりおりの交遊,貧困時代の回想,人生論,時事問題の批判などに,四季の移り変り空模様の変化,庭の草木の様子などの描写が織り交ぜられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンリー・ライクロフトの私記
へんりーらいくろふとのしき
The Private Papers of Henry Ryecroft

イギリスの作家ギッシングエッセイ集。架空の文学者の遺稿集の形に事寄せた随筆で、1903年に発表され、以後彼の作品中では、例外的に広く知られているもの。春夏秋冬の4章に分けて、古典文学、自然の美しさなどについて、穏やかな筆でつづった短文が集められ、日本でも『徒然草(つれづれぐさ)』などと比較されて、明治以来多くの学生、知識人の愛読書となっている。[小池 滋]
『平井正穂訳『ヘンリー・ライクロフトの私記』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンリー・ライクロフトの私記の関連キーワードギッシングドノソボローアシスタントイギリス巻深い川イギリスの名車Miniバースデーの日イングリッシュマン・イン・ニューヨークオール・オア・ナッシングマネー・フォー・ナッシング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone