コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンルーダ ヘンルーダRuta graveolens; common rue

6件 の用語解説(ヘンルーダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンルーダ
ヘンルーダ
Ruta graveolens; common rue

ミカン科の常緑多年草地中海沿岸の原産であるが,薬用植物として日本各地で栽培された。茎は分枝し,下部は木化して高さ 30~90cmになり,全株に強い臭気がある。葉は互生し,数回羽状分裂して裂片は楕円形,腺点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘンルーダ(〈オランダ〉wijnruit)

ミカン科の多年草。高さ約1メートル。葉は羽状に細かく裂けていて、強い匂いがある。初夏、黄色い花が咲く南ヨーロッパの原産で、香草。日本には明治初年に渡来。香(うんこう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘンルーダ

南欧原産のミカン科の常緑多年草。高さ50cm内外,全株に強臭がある。明治初年に渡来し,現在では所々に植えられている。葉は互生,羽状複葉。6月ごろ集散花序をなして黄色の小花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンルーダ【common rue】

強臭のある南ヨーロッパ原産の薬用植物で,日本には1868年に渡来し,現在でもまれに植えられているミカン科の多年草(イラスト)。高さ50~100cmに達する。茎は白色を帯びた緑色で,下部は木質。葉は互生し,2~3回全裂または深裂し,長さ6~12cm。裂片は長楕円形またはへら形で,縁に鋸歯がないかまたは小さい鋸歯があり,淡緑色または紫色を帯びる。初夏,枝先に集散花序を出し,径2cmくらいの黄色の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヘンルーダ【wijnruit】

ミカン科の多年草。南ヨーロッパ原産。明治初年に渡来。高さ約50センチメートル。初夏、黄色の小花をつける。全草に強い臭気があり、薬用・香辛料・防虫剤などに使う。江戸時代にこの名で呼ばれたものは同属の別種。?うんこう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンルーダ
へんるーだ
[学]Ruta graveolens L.

ミカン科の常緑多年草。南ヨーロッパ原産。香草として栽培され、明治初年に日本に導入された。オランダ語のビンルートwijnruitが訛(なま)ってヘンルーダとよばれるようになったという。根元は小木状になる。高さ約1メートル、葉は2~3回羽状に裂け、裂片は長楕円(ちょうだえん)形。6~7月に集散花序を茎頂につけ、黄色の小花を開く。小花は5弁または4弁。(さくか)は球形、中に褐色小球形の種子がある。葉はもむと強いにおいがし、欧米人はこのにおいを好んで、料理の香料に用い、昔から有名なハーブである。また通経、鎮けいなどの薬効も知られ、葉を書物の間に挟めば虫食い予防になるという。しかし日本人一般にはこのにおいは臭みとして嫌われ、ハーブとしても普及していない。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone